日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお ’98/8号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


Hello Firefighter

 

022-1.gif

女優 市毛 良枝さん

 

"いのちの大切さ"

テレビドラマで医師を演じた俳優がよく口にする言葉が、「仕事を離れても気になるのが救急車のピーポーピーポーという音です」。NHK大河ドラマ「いのち」で女医に取り組んだ三田佳子さんが「夜、寝ていてもあの音で目がさめるんですよ」と話していた。最近では昼の連続ドラマ「白衣のふたり」(フジテレビ)の救急救命医療に献身した院長役岡田真澄さんも、「救急車の音を聞くとドキッとします」と言っていた。医師にとって救急車は一番身近かな存在である。

市毛良枝さんも、救急車の音を気にする一人。市毛さんは日本テレビの火曜サスペンス劇場「いのち」に出演した。初めての産婦人科医役だった。「お医者さんの動きをビデオで見ていろいろ勉強しました」。ドラマは病院に到着した救急車で始まった。急患として担つぎ込まれた女性は、結婚に反対されて二年前家を飛び出した娘だった。娘は妊娠していた。そして、殺人の容疑をかけられていた。わが子の疑いを晴らそうと母は立ち上がるというストーリー。命の大切さも訴えるドラマだった。

市毛さんは昭和46年、「冬の華」(TBS)でデビュー。どこにでもいる普通の人という感じだった。それが「私は泣かない」(フジテレビ)などの嫁姑シリーズで主役を務めてから「理想の嫁さん」と言われるようになった。その後は二時間ドラマの常連。

市毛さんは最近、命をテーマにしたドラマに出ることが多い。昨年は「命燃えて」(TBS)で脳腫瘍の息子を持つ母親を演じた。「辛いけれど日常では笑っている。そんな場面が何回も出てくるんです。落ち込んでいる中での人間の持つ力強さ、勇気、明るさ、優しさを懸命に演じました」

市毛さんの実家は代々お医者さんだった。「両親は私を女医さんにしようと考えていたようです。それが女優になってしまい、親不孝しました」と、以前話していたことがあった。命を救い、大切にする─それは市毛家の家訓といえるかもしれない。市毛さんはそれをしっかりと守っている。

(インタビュー・編集部)

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,861位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
2,811

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお ’98/5号」
2.教養誌「ほのお ’98/6号」
3.教養誌「ほのお ’98/4号」
4.教養誌「ほのお ’98/12号」
5.教養誌「ほのお ’98/7号」
6.教養誌「ほのお ’98/9号」
7.教養誌「ほのお ’98/10号」
8.教養誌「ほのお ’98/11号」
9.教養誌「ほのお ’99/1号」
10.教養誌「ほのお ’99/2号」
11.教養誌「ほのお ’99/3号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.日本防火通信 222号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から