日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

第27回 全国消防救助技術大会ダイジェスト

 事業名 消防技術の研究指導
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


近畿

大阪市(局)  左近 究  西川 暢彦  渡場 正司

中国

広島市(局)  田川 重信  上岡 忠直  浅元 光由

四国

徳島市(局)  秋山 泰孝  高田 信吾  角瀬 賢三

 

水中検索救助(団体)

四人一組で、第一泳者が水面、第二泳者が水中を検索し、水没している要救助者(マネキン「訓練人形」)を発見後、水面に引き揚げ、第三、第四泳者が交互に対岸間を運んで泳ぎ救助する。

 

011-1.gif

 

表彰者

関東

東京消防庁  加藤 昌明  松下 豊  栃木 秀則  袴田 信一

藤沢市  岩崎 健太  山口 徳和  山下 克至  辻村 研士

東海

小牧市  松野 直樹  伊藤 孝雄  小口 昌男  石井 洋行

東近畿

京都市(局)  西田 誠  恒松 雄一郎  井上 武  佐藤 正和

近畿

守口市門真市(組)  泰地 達也  小田 正裕  山星 賢一  吉本 親央

神戸市(局)  田村 和照  高橋 伸武  香西 辰哉  鈴木 三郎

中国

海田地区(組)  吉川 典秀  品川 隆史  谷本 瑞樹  水野 茂貴

四国

高松市(局)  秋山 勝彦  東條 仁  黒川 登志仁  湊谷 義和

九州

天草(組)  吉本 賢一  戸村 羊士  田中 明彦  山下 誠

 

インタビュー

 

インタビューの項目

1] 救助大会を見ての感想は?

2] あなたの中にある「救助隊員」のイメージは?

3] いかなる災害にも立ち向かう救助隊員に一言。

4] 消防に対する要望等があればお聞かせください。

 

● 成田 千鶴さん(愛知県・後列左側)

011-2.gif

 

1] 今年で4回目の全国大会見学ですが、毎回"感動"の一言です。特に今年は、訓練棟横のオーロラビジョンで、隊員の表情までが映し出され最高でした。

2] 元気があり、いつもイキイキとしていて、ひとたび災害が起これば、体を張って危険に立ち向かう勇気あるひと。

3] 人命を預かる使命感に燃えているのが、ひしひしと解ります。これからも一人でも多くの人命を救って下さい。

4] 自らの危険を顧みず、災害に立ち向かっておられる皆さんへ、体に気を付けて頑張って下さい。

 

● ゴッドフリーさん(セント・ルシア・右側)

● アルンさん(インド・左側)

011-3.gif

 

ゴッドフリーさん

1] 日常の訓練を見てきて、さらに、今日、全国から集まった精鋭たちの訓練を見学して、技量の高さに感心する一方、どんな災害が発生しても大丈夫だと安心した。

2] 機敏な動きで、どんな困難な現場にも対応する「プロフェッショナル」。

3] 自分の国に比べ、技術レベルが高くすばらしい。

4] 訓練を見ていて「ファイティング・スピリッツ」が伝わってきた。どんな困難なことでもやり遂げようとする信念を感じた。

アルンさん

1] 今日の大会種目は、救助の基本となる訓練が多く取り入れられているが、この基本動作の一つひとつが積み上げられて、色々な現場での応用技術につながっているのだと思うので、大変参考になった。

2] まさに「スーパーマン」の一言。

3] 日々の反復訓練の成果であろうとは分かっているが、考えずとも体が勝手に動いているのに感銘を受けた。

4] 私の国インドに比べ日本はすばらしいと聞いていたが、自分の目で見て、体験して、最新装備や高度な救助技術におどろいている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
513位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
21,992

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.第27回全国消防救助技術大会実施概要
2.救助技術指導会実施結果
3.全国優良消防職員表彰概要・受賞者名簿
4.「消防技術の研究指導」の報告書
5.教養誌「ほのお ’98/5号」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から