日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

「第26回 全日本空手道選手権大会」パンフレット

 事業名 空手道の普及振興
 団体名 全日本空手道連盟 注目度注目度5


空手道の競技

 

■組手の競技とは

 

I. コート/8m×8m(内側1mに警告ライン)

II. 競技時間/男子3分、女子2分(いずれも正味)

III. 審判構成/監査1名 主審1名 副審2名

IV. 勝敗/次の場合に勝敗が決する。

1]一方が1本を3つ、もしくは技あり6つを先取した場合。

2]一方が1本と技ありの合計3本を先取した場合(1本は技あり2つに等しい)

3]競技終了時に、双方共に合計3本の得点に達しない場合、それまでに取得している1本、技ありの多い方を勝者とする。(双方が同得点の場合判定により延長戦を行う。その際競技時間中のペナルティーは延長戦にもちこされる)

4]延長戦では1本又は技あり1つを先取した方を勝者とする。

●1本…的確な間合で、威力のある突き、蹴り、打ちが定められた部位に決まった場合を言う。

●技あり…1本にほぼ匹敵するが、やや軽度の技をいう。

V. 攻撃の部位/頭部、顔面部、頸部、胸部、腹部、背部

VI. ペナルティー/組手競技は、安全第一の目的から相手の身体にふれる前に「とめる」ことを大前提としていますが、双方の動きが早い為、まちがって突き、蹴りが当る場合があります。その時には次のペナルティーが課せられます。

 

019-1.gif

 

又、場外及び無防備に対してもその回数に応じて次のペナルティーが課せられます。

 

019-2.gif

 

■組手競技における主審の表示

 

019-3.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,509位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
6,935

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「第26回 全日本空手道選手権大会」成績
2.「世界選手権大会」報告
3.「アジアジュニア空手道選手権大会」報告
4.空手道指導の手引
5.「空手道の普及振興」の報告書
6.全日本なぎなた選手権大会
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から