日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


(7) World Resource Institute, World Resources 1994-95, Oxford University Press, 1994. Shiklomanov, I. A.,“World Fresh Water Resources,”in P. H., Gleick (ed.), Water in Crisis, Oxford U. P., 1993.

(8) Falkenmark, Malin, “Rapid Population Growth and Water Scarcity: The Predicament of Tomorrow's Africa,”in K. Davis et al.(eds.), Resources, Environment, and Population: Present Knowledge, Future Options, Oxford U.P., 1991, pp. 33-56. Falkenmark, Malin et al., Population and Water Resources: A Delicate Balance, Population Bulletin, Population Reference Bureau, 1992

(9) トム・G・アウトロー・他「水をいつまでも:人口と再生可能な水供給の将来-改訂データ」Population Action International, 1998. なお、1km3(立方キロメートル)=10億m3(立方メートル=トン)。

(1O) トム・G・アウトロー・他(前掲)

(11) Cohen, Joel. E., How Many People Can the Earth Support? W. W. Norton, 1995, Chapt. 14.

(12) Falkenmarkは、水不足気味の国でも、最低1人1日100リットル(=0.1kg=0.lm3)の水を飲料水・手洗い等のための家庭用として確保すべきであると提言している。これは1年間に換算すると、0.1m3x365日=36.5m3となる。Falkenmark、1992(前掲)。

(13) 世界の年間更新可能淡水有効水量41,000km3のうち、安定した更新可能な供給水量は14,600km3、このうち12,500km3が人間の居住範囲から利用可能とされる。そのなかから実際に灌漑、工業、民生用に利用されているのは、35%に相当する4,430km3と推定されている。サンドラ・ポステル[「欠乏の時代の政治学-引き裂かれる水資源-」ワールドウォッチ研究所レポート132号、1996。]

この数字に基づいて利用率(U)を計算すると、淡水有効水量41,000km3に対して、12,500km3は30.5%、4,430km3は10.8%である。したがって、U=20%は、それほど非現実的な数字ではない。

(14) Kates, R. W. et al., The Hunger Report: Update 1989, A.S.F. World Hunger Program, Brown University, 1989.

(15) Kates, R. W. et al.(前掲)

(16) Brown, Lester R. et al., Chinese Water Shortage Could Shake World Food Security, World-Watch Institute, 1998.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,556成果物中)

成果物アクセス数
101,502

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月30日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から