日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


成長の制約と21世紀の戦略―人口・水資源・食料生産をめぐって―

 

大阪市立大学経済学部

助教授 大野昭彦

 

1 経済発展と農業

 

1-1 「人口と食料」そして経済発展

インドの人口規模は1951年の3.63億人から1996年には9.32億人と急増しており、70年代と80年代の10年間には、わが国の人口規模(1.25億人:1995年推定)を上回る人口増加がみられた。こうした人々をいかに養うかは、経済運営の重要な課題となる。しかし「人口と食料」の問題は、その直裁的関係で論じるだけでは不充分であり、経済発展との関わりという枠組みで議論する必要がある。特にインドについては、「人口と食料」問題は開発資金の調達に深くかかわっており、それ故に経済発展の進度を大きく規定することになる。

開発途上国が離陸を果たすには、開発資金の調達が重要な政策課題となる。NIESや東南アジア諸国は直接投資や借款を通じて外国資本に依存する戦略を採用し、中国は農業搾取政策により開発資金を国内で調達した。しかし中国と同じく膨大な開発資金を必要とする重工業化路線を歩もうとしたにもかかわらず、インドでは中国型の資金調達方式はとられることはなかった。これは、インドでは農業生産活動が基本的には市場メカニズムに委ねられているためである。
別の観点からいえば、経済発展の初期段階で人民公社や産業資本の国有化などに代表されるような所有権構造そのものの制度改革を通じて資本蓄積メカニズムを構築した中国に対して、インドでは土地改革は不充分にしかなされておらず、独立前の所有構造がほぼそのまま残されている。ながらくインドの政権党の座にあった国民会議派の主要構成グループのひとつがザミンダールとしてしられる富農層であったことも、中国で採用されたような農業搾取政策を禁じ手とさせていた。事実、中央及び州政府税収において農地課税と農業所得課税の占める比率は、1950年代には7%であったものが1960年代に急減していき、1970年代では2%前後、そして1980代に入ると1%以下に低下している。

さらに、植民地支配という苦い経験から、インドは海外直接投資の受け入れも忌避した。こうした環境のもとでの工業化戦略は、インドの開発戦略に深刻な資金制約を突きつけることになった。それは対外的な外貨制約と、国内における財政制約とに分けられる。結論を先取りすれば、独立後しばらくは外貨制約が、そして現在に至ると財政制約が深刻となっている。その背景には、増加する人口を養うために採用された農業政策が深く係わっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
101,465

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から