日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


(3) 陳永寄、王鉄民、蕎西現、編『黄河流域の水不足の都市における水資源の需給計画』、鄭州、黄河水利出版社、1997年:11

(4) 劉昌明と何希吾、『21世紀の中国における水問題戦略』、北京、科学出版社、1996年: 5

(5) P. William Reidhead, Suchi Gupta, Deepti Joshi編、『インドの環境状況報告(定量分析)(State of lndia's Environment Report[A Quantitative Analysis]』、ニューデリー:Tataエネルギー研究所、1996年、12-13。1990年にラジャスタン州では、華北とほぼ同量の1人あたり562立方メートルの水が使用可能であった。『水資源の維持、不足の解消:第2の改善』(Sustaining Water, Easing Scarcity: A Second Update)、ワシントンD.C., Population Action International

(6) バングラデシュは1980年代と90年代初頭に、浅ポンプ井戸を設置するという「地下水革命」を行った。Mark W.Rosegrant、『21世紀の水資源:深刻化する不足と悪化する水質、そして対策への助言』(Water Resources in the 21st Century: Increasing Scarcity, Declining Quality, and Implications for Action) UNU/IAS Working Paper No.3、東京:国連大学、1996年:15

(7) 劉と何、1996年:101

(8) 『黄河流域の洪水と旱魃による災害』、鄭州、黄河水利出版社、1996年:14

061-1.gif

(10) 『中国の洪水と早魁による災害』、北京:中国水利出電力出版社、1997年:400-401

(11) 地下水に影響を与える、地球化学プロセスによるこの程の『自然な』汚染は、飲料水用にヒ素を含む地下水を使用しているバングラデシュと西ベンガルにおいても、最近大きな健康問題として認識されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
101,436

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から