日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

発展の制約−中国・インドを中心に−

 事業名 人口・開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


21世紀を前にした中国の水資源

 

東京大学大学院総合文化研究科

客員教授 ジェームズ・E・ニッカム

 

はじめに

 

私たちは21世紀、そして3番目の1000年期に急ぎ足で入ろうとしているが、これは実際にはコンピューターを除いて、本質的な意味を持たない想像的な区切りに過ぎない。しかしこの区切りは、特に私たちが知る過去と新たな世代が直面しなければならない未来について思いをめぐらすにはよい機会である。なかでも過去50年は、中国とインドにとって政治的・経済的・民主的、そして資源の使用と濫用の点で、たいへん劇的な期間であった。今後の50年もこれと同様、またはこれ以上の劇的な状況が予想されるが、このドラマはまったく異なる規制のもとで進行し、ハッピーエンドとなるか悲劇となるかは予測不可能である。

それではここで水資源の話に移ろう。過去50年の農業・産業・エネルギー・都市化の発展は、市場秩序の制約をほとんど受けない水資源の使用の増加を前提にしている。水・環境・資金的な資源の限界が厳しくなることが、来る数十年の開発の性質を変えるであろうと考えられる。さらに、1998年夏に中国と南アジアを襲った洪水は、20世紀に未解決のまま残された水資源の問題が、水不足だけでないことを私たちに示している。(1)

事実、水資源は恵みをもたらすが、破壊することもある。水資源は不足時だけでなく、超過時にも、そして最初の使用者が経済価値が少ない目的のために水を汚したり無駄使いする場合にも、開発を妨げる。さらに管理が複雑化することにより、これらの異なる問題が互いに影響を及ぼし合う。たとえば、水資源が不足しているのに無駄にされている場合は、汚染につながりやすい。河の流れがシルト(浮遊粒子)を海まで運ばないと、川底が上がり、今までより流量が少なくなり、かつてない洪水を引き起こしてしまうこともある。

水資源のさまざまな側面は、中国とインドにおける経済の歴史を制約してきた。この両国は、その存在理由に安定してはいるが窮屈で前近代的な官僚制度を与えることで、この地域の政治的発展を阻害してきた、とまで主張する人もいる。(2)20世紀後半の政治的・技術的改革は、人口増による需要を満たすために水資源を管理することがついに可能になり、これが主に国家が補助するプロジェクト・ベースの公共事業によってなされるであろうという希望を両国にもたらした。しかし世界のほとんどの国々では、こうした戦略には見直しが必要であるとのはっきりとした兆候が現れているのである。

本書ではまず始めに、中国とインドについて、両国の主な関心事である現在の供給量の状況を比較する。その後、部門ごとの水資源利用と現時点での21世紀予想について述べる。最後に、すでにストレスが現れつつある2点、都市の水資源供給と黄河について触れる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
126位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
101,431

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.Constraints on Development−Focus on China and India−
2.「地球からの警告」スライドビデオ
3.「人口・開発国際協力」の報告書
4.1997年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から