日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)」テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに従事者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


パネルディスカッション

 

新しい保育サービスと保健活動

 

司会者 高野陽(東洋英和女学院大学教授)

パネラー

木屋和見(日本保育園保健協議会常任理事)

露木省子(神奈川県・酒田保育園長)

江越貴美子(中野区立沼袋保育園看護婦)

 

提案要旨

 

健康度を重視した保育計画を

 

木屋和見(日本保育園保健協議会常任理事)

 

健康には理想的な健康状態から病気に至るまでの広い連続的な移行帯があり、それぞれの人の健康は、そのどの部分にあるかによって健康度として規定されると考えてよい。健康度は個人によっても異なり、かつ常に変化しているが、子どもではとくに年齢が低いほど変わりやすい。

保育所は健康児を預かる施設とはいえ、実際には毎日元気そうに登園していても、健康にかげりを持つものも少なくない。

日常保育の中で、健康度の低い、いわば、グレイゾーンにある子どもが如何に多いかは例えば「薬持参」で登園するものが毎日数多くあるという現実が物語っている。更に、健康が破綻した病気欠席の頻度を見ても、低年齢児ほど多く、また、新入園後6か月間の欠席回数が、入園後1年以上たったものに比べて明らかに多いことなどは、子どもにとって集団生活への適応のために、年齢が低ければ低いほど健康面に大きな負担がかかっていることを示すものである。

これらの事実を考慮すれば、保育の目標を達成するための指導計画は、一律ではなく、一人ひとりの健康度に応じて個別的に立てられなければならないことが理解できる。

また、日常保育の中で子ども達の健康度を十分に把握することは、健全な生長と発達を支える保育の原点に立った実践であり、事故や発病を未然に防ぎ、諸病の早期発見や救急時の適切な対応にも大きな力を発揮することになる。

個々の子どもについての健康度の正確な判断は、発育歴や定期健康診断結果を基本として、毎日の家庭からの生活情報や地域の保健医療情報などを参考にしつつ、きめ細かな健康観察を行うことによって可能となる。この場合、それぞれの情報は一方通行ではなく、常に情報の交換即ちフィードバック効果が大きいことも忘れてはならない。とくに嘱託医はもとより、地域かかりつけ医との円滑な連携は欠くことの出来ない部分である。

低年齢化の進む日常保育の中で、園児一人ひとりの健康度の把握を重視した保育活動の重要性を指摘したい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,495位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,874

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.「保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)」テキスト
2.「保育所保育・保健研修セミナー」アンケート結果
3.「保育所保育・保健研修セミナー」研修内容及び年度別参加者数の推移
4.「保育所保育・保健研修セミナー」写真
5.保育所外国人保育セミナー(中央開催分)実施要綱 テキスト
6.保育所外国人保育セミナー(埼玉開催分)実施要綱 テキスト
7.保育所外国人保育セミナー(京都開催分)実施要綱 テキスト
8.保育所外国人保育セミナー(大阪開催分)実施要綱 テキスト
9.保育所外国人保育セミナー(佐賀開催分)実施要綱 テキスト
10.保育所外国人保育セミナーアンケート報告書
11.保育所外国人保育実践セミナー年度別実施内容及び参加者数の推移
12.保育所外国人保育実践セミナー開催写真
13.子どもの感性を育てる表現研修会(山形開催分)テキスト
14.子どもの感性を育てる表現研修会(富山開催分)テキスト
15.子どもの感性を育てる表現研修会(島根開催分)テキスト
16.子どもの感性を育てる表現研修会(沖縄開催分)テキスト
17.子どもの感性を育てる表現研修会実施報告書
18.子どもの感性を育てる表現研修会開催写真
19.子育て相談の手引き
20.「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書
21.教育用パンフレット「膝痛を治すための日ごろの手入れ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から