日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地域防犯活動促進モデル地区活動」事業の実施結果報告書

 事業名 地域防犯活動促進モデル地区活動
 団体名 全国防犯協会連合会 注目度注目度5


1 都道府県名

北海道(札幌方面)

 

2 モデル地区名

羊蹄山麓地域安全活動推進モデル地区

 

3 重点となる活動項目

(1)自主防犯体制の確立

(2)犯罪パトロール、協議会等地域安全活動

 

4 活動事例

(1)防犯パトロール

町、町内会と連携して、盗犯の多発地域に対する夜間パトロールを実施し、自動販売機荒らしの件数を減少させた。

(2)街頭啓発

連続発生した薬物混入事件の再発防止のため、チラシを作成し、街頭において頒布、予防を呼び掛けた。

(3)地域安全キャラバン

当防犯協会連合会は、5町2村の地区防犯協会からなり、これまでは、各町村単位で地域安全活動を実施しており、活動が低調な町村もみられ、また、連合会としての活動も低調であった。

このため、地域の実情に適した活動を展開し、活動の低調な町村に対して活動の機会を与え、今後の活動への足掛かりを作ることを目的に、管内7町村を巡回する地域安全キャラバンを実施した。

キャラバン隊は、各町村防犯協会から広報車両1台と人員1名の提供を受け、誘導するパトカーを含め車両7台、連合会長、副会長、刑事生安課長、事務局長、地域安全活動推進委員統括リーダー等15名で編成し、連合会で準備したステッカー、旗等を車両に掲げ、各町村において配布する街頭啓発用のチラシ、テイッシュペーパー等を携行して、沿道を広報・パレードしながら、管内7町村の首長を訪問した。

各町村では、防犯協会員、地域安全活動推進委員、町村長等がキャラバン隊を迎え、キャラバン隊長である連合会長が各町村庁舎前で、「自主防犯意識の高揚・有害環境浄化・高齢者保護・暴力団排除・交通事故防止」等の内容の地域安全宣言をし、宣言文を首長に手渡し、各町村においても自主防衛意識の高揚に努めるよう要請した。

この後吉長から決意表明を受け、各町村防犯協会員等参集した人達と一緒に、町村内をパレードしながらチラシ等を配布し、町村民に対し自主防犯の意識高揚を促した。

このキャラバンにより、活動の機会がなかった町村においては、今後の弾みとなった。

 

5 モデル地区活動の効果

モデル地区としての指定を受けたことから、これまで低調であった地域安全活動、地域安全活動推進委員活動、町内会活動等各種活動が積極的に行われ、キャラバンについては倶知安町議会広報にも掲載されるなどし、自主防犯意識の高揚に成果がみられた。また、地区防犯協会との連携も緊密になり、意思疎通が図られるようになった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,261位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
7,746

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「地域防犯活動促進モデル地区活動」の報告書
2.行政サービス向上のためのICカードの総合利用に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から