日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(6) ディジタル通信の伝送特性(ビット誤り率)

ディジタル通信の伝送の品質は、一般にビット誤り率で表される。ビット誤り率とは、1を0,0を1と誤って受信した信号の全信号に対する割合で、移動無線通信ではおおむね10-5程度が要求されている。しかし、バースト状のビット誤りを生ずる状態では、このビット誤り率は必ずしも伝送品質を表すとは限らない場合もある。

(7) 誤り検出符号と誤り訂正符号

誤り検出符号は伝送中の雑音などによって、ディジタル信号の伝送に誤りがあった場合にその誤りがあったことを検出するための符号で、情報の伝送のための符号よりも余分の符号を必要とする。例えば同じ情報を時間を置いて2度送信して両者の受信結果を比較するとか、一定長さの符号に送信側で1ビットを追加して、その全長さの符号に1が偶数(又は奇数)であるかを受信側でチェックする方法(パリティチェック)などもある。誤りがあることを検出するだけでなく、その誤りを訂正しようとするのが、誤り訂正符号であってそれだけ余分の符号が長くなる。例えば、同じ情報を3回以上送信し、多数決の原理を利用すれば誤りを検出するだけでなく、正しい情報の取得ができる。誤り検出と誤り訂正符号には、ブロック符号と畳込み符号とがある。ブロック符号は、信号列をある長さに区切り、その区切りごとに独立して冗長性のための訂正(検出)符号を付すもので、これにはハミング符号、BCH符号などがある。これに対して、畳込み符号は信号列をある長さに区切るが、そこに付ける冗長性の訂正符号はその区切りの数区切り前までの情報符号に基づいて付加される。その区切りの受信出力はブロックと呼ばれる。こうして、付加した訂正符号が影響するブロックの数、又は、それらのブロックの全ビット数を拘束長と呼ぶ。情報ビット数と全ビット数の比は符号化率と呼ばれる。

 

3・9・2 船舶通信に使用されているディジタル通信

前項にて述べたように一般的にディジタル通信は、音声又は画像等のアナログ信号を標本化定理に基づいて“1”又は“0”の符号として伝送し、受信側で再びそれを元の信号に復元するものであり、アナログ信号のように伝送の途中において、その振幅、周波数、位相等を正しくそのままの形で送らなければ忠実度の高い伝送ができないのに対し、ディジタル信号では符号の“1”又は“0”の情報を正しく伝えることができれば、符号の振幅等は中で変化していても復調の過程で正しい符号で変換できるという点で大きな特長があり、陸上固定通信や衛星通信において現在ディジタル化のながれが盛んである。

一方、従来の船舶通信における、音声通信であるSSB又はFMにおいては、アナログ信号をディジタル信号に変えて伝送する前項で述べたようなディジタル通信は使用されていないが、最近開発されたインマルサットBシステムにおいては、音声通信においても、はじめてディジタル通信が利用されることになった。

また現在、船舶通信に利用されているディジタル通信は、信号源がもともとディジタルとなっているものをそのままディジタルとして送るものであり、代表的なシステムは狭帯域直接印刷電信(NBDP)、ナブテックス、ディジタル選択呼出装置(DSC)である。また、インマルサットAシステムにおいてもデータ通信はディジタルとなっている。インマルサットのデータ通信においては陸上のマイクロ波回線を利用する多重無線システム等と同じような考えができるので、利用される技術も同じものを利用している。船舶通信独特なディジタル通信といえるものには、NBDP、ナブテックス、DSCがある。その詳細については、艤装工事及び保守整備編第1章を参照のこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
23位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
304,824

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から