日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(1) 標本化(サンプリング)

標本化というのは、(b)のように連続した音声信号の瞬時値を1/8kHz(125μS)ごとの時間間隔で取り出すことをいう。このように不連続で取り出すと、一見正しい波形は復元できないように感じられるがシャノンの標本化定理により音声の上限周波数4kHzの2倍の周波数8kHzでサンプリングすれば元の音声信号はほぼ完全に復元できる。

なお、標本化定理については3・9・1(3)で詳述する。

(2) 量子化

アナログ信号の連続的な振幅変化を伝送する場合、振幅の大きさを適当なステップに区分して、振幅にあてはまるステップ値を代表値として伝送する。いいかえればアナログ量をディジタル量に変換する操作を量子化と呼ぶ。

(c)では全振幅を正負共に4段階(零は正負共通のため全部で4×2-1=7段階)で表現する。

(3) 符号化

量子化したステップをパルスで表わす。4段階は(4=22)のため2ビットで表される。これは正、負の極性ビットを加えて、合計3ビットで7段階のステップを表現できる。

実際の装置では、量子化のステップ数が正負共に128ステップ(128=27)なので極性ビットを含め8ビットで表現する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
306,740

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から