日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


ただhFEについては、製品のばらつきが大きいものでは、hFEの小さい方から範囲を定めて順にBN、R、O、Yの記号をトランジスタの頭の上の部分などに示すことがある。その他詳細は規格表を集めたハンドブック等に記載されている。

 

2・6 使用上の注意

トランジスタ使用上の注意をいくつか述べる。まず使用目的に合ったトランジスタを選択する。例えば、低周波用か、高周波用か、小電力用か、大電力用か、あるいは電源のとり方によってNPN形を用いるかPNP形を用いるかなどを決めなければならない。

次にトランジスタのE、B、C各端子に実物のどの端子が対応するかを知る必要がある。これは表2・2のような規格表に表示されているし、表示されていないものでは、トランジスタの形状別に分類してまとめた表が与えられている。この端子を間違えると正常に動作しないばかりか、時にはトランジスタをこわすことがある。

最後にハンダ付けの場合の注意を述べる。トランジスタは、規格表の最大定格に示されているように、接合部の最大許容温度が決まっているが、この温度ははんだごての先の温度よりもかなり低い。したがってはんだ付けのとき、こてを長い間当てがっていると熱が端子を伝わってトランジスタをこわすことがある。規格でははんだの温度が 260℃以下、時間10秒以下となっているが、ヒート・シンク用の器具あるいはピンセットやラジオペンチで端子をつまんで、熱をそちらに逃すようにすると無難である。特に熱に弱いものは規格表の中にそのむね記載されていることがある。

なお、MOS形を使用するときの注意事項は4・4・4節に詳しく述べてあるので、これを参照されたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
23位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
304,749

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から