日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


127-1.gif

図5・56 カウンタの一例(アップカウンタ)

 

図5・56ではクロックが入ると各FFの出力の2進数が一つづつ増える。このようにカウントが上がっていく形のカウンタをアップカウンタという。

逆にクロッタが入るとカウントが下がる形のカウンタをダウンカウンタという。ダウンカウンタの例を図5・57に示す。

同一のカウンタでアップカウンタとダウンカウンタを切り替えて使えるカウンタをアップダウンカウンタという。TTLの74シリシズでは74190〜74193がこのアップダウンカウンタの集積回路である。

もしカウントが終わったとき、あるいは始まる前にFFの出力を“0"または“1"にしておきたいときにはFFのセット端子、リセット端子を使う。

これまでの説明では2進値を読み取ることができたが、パルスを分周する場合には2n分の1にしか分周できないことになる。1/3,1/10などに分周したいときには一般には次のような方法が行われる。すなわちN進カウンタを作るには2n-1<N<2nを満足する数のn個のFFを使うことによって、カウントが予定のカウントになるとカウントを止めて全FFを“0"にリセットし、次のクロックはまたカウント0から始めさせるように動作させる。

図5・58に各種のカウンタを紹介しておく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
105位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
134,586

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から