日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


5・1・3 増幅回路の例

図5・2 、図5・6 に示した回路は、低周波信号の増幅に実際に用いられるトランジスタ増幅回路である。以下に高周波信号の増幅と電力増幅に用いられる回路を示し、それぞれについて解説する。

(1) 高周波増幅回路

高周波増幅回路は本質的には低周波増幅回路と変わらない。しかし、低周波増幅のときは問題とならない導線と導線の間のわずかな容量(浮遊容量)や、トランジスタ内部の容量のリアクタンス分等によって、互いに干渉し、増幅作用が不安定になる。これを避けるために負荷としてLC共振回路を用いて、増幅する周波数範囲を限定したり、中和用のコンデサを用いて安定化を行う。

図5・13に高周波回路の一例として、受信機の中間周波2段増幅回を示す。

 

091-1.gif

図5・13 中間周波増幅回路

 

IFTは中間周波トランスと呼ばれるもので、各増幅回路の結合とLCの共振回路をもった負荷として用いられ、その共振周波数を増幅しようとする周波数に合わせてある。

R1,R2,R3、とR4,R5,R6、はそれぞれTr1, Tr2のバイアス回路を構成する。C5,C7 は図 5・2、図 5・6のCEに相当するもので容量は低周波用のものに比べて小さくてよい。CN1, CN2は中和コンサで4・3・3 の(4)で述べたhr(電圧帰還率)が、周波数の高くなるにしたがって大きくなり、増幅作用が不安定になることがあるので、これを打ち消すためのものである。これがなくても増幅作用が安定な場合は不要である。

(2) 電力増幅回路

これまで述べてきた増幅回路は小電力用のものであり、出力として増幅された電圧を得ればよいというものであった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
105位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
134,245

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から