日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


2.3.2 DSC小委員会第4回会合報告

日時: 1999年2月22日(月)〜26日(金)

場所: IMO本部(ロンドン)

参加国: 加盟国政府代表団(45+1ケ国)

国連機関(1機関)

政府間機関オブザーバー(3機関)

非政府機関オブザーバー(13機関)

議長: Mr. J. J. McNamara(米、NCB)

副議長: Mr. P.Van Lancker(ベルギー、運輸省、E&T Group議長)

日本の出席者(11名):

山田浩之 在連合王国日本国大使館 一等書記官

柴宮義文 運輸省海上技術安全局検査測度課

安部青吾 運輸省海上技術安全局安全基準課

浦環 東京大学

太田進 運輸省船舶技術研究所

篠村義夫 社団法人日本造船研究協会

岡村敏 社団法人日本造船研究協会

森有司 社団法人日本造船研究協会

赤塚宏一 社団法人日本船主協会ロンドン事務所

八住俊秀 日本鉱業協会

飛延孝男 社団法人日本海事検定協会

 

議題

1] 議題の採択

2] IMOの他の機関の決定

3] IMDGコード、Annexes及び付録(EmS及びMFAG)の第30-99回改正

.1 危険物輸送に関する国連勧告とIMDGコードの整合

.2 IMDGコードの様式替え

.3 緊急時スケジュール(EmS)の改訂

4] MARPOL 73/78附属書IIIの実施

5] BCコードの見直し(固体ばら積み貨物の特性評価を含む。)

6] IMDGコードを強制化するためのSOLAS条約第VI章及び第VII章の改正

7] INFコードの強制適用

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
805位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
13,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から