日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


2. IMO・DSC対応

 

2.1. 委員会開催等

IMO対応委員会の下に危険物部会及び特殊貨物部会を設け、IMO・DSC小委員会における審議に対応するための検討を行いIMOの委員会へ学識経験者等を派遣した。また、部会委員の専門家をIMO・DSC編集・技術中間作業部会(E&Tグループ会合)へ派遣し、新様式IMDGコード作成等の作業に参加しIMO・DSC小委員会での検討用たたき台を作成することに協力した。また、次章に述べる委託調査「粘着性ばら積み貨物の安全輸送に関する調査研究」内容を審議した。

委員会の開催状況等は次のとおりである。

 

(1) IMO対応委員会

1] 第1回会合:平成10年8月25日

2] 第2回会合:平成11年1月28日

3] 第3回会合:平成11年3月15日

 

(2) IMO・DSC危険物部会

1] 第1回会合:平成10年5月27日

2] 第2回会合:平成10年7月31日

3] 第3回会合:平成10年1月22日

4] 第4回会合:平成11年3月15日

 

(3) IMO・DSC特殊貨物部会

1] 第1回会合:平成10年7月9日

2] 第2回会合:平成10年11月5日

3] 第3回会合:平成10年1月28日

4] 第4回会合:平成11年3月15日

 

(4) 海外委員会派遣

1] IMO・DSC編集・技術中間作業部会:1998年9月12日〜25日

派遣者: IMO・DSC危険物部会委員 本庄三郎

2] IMO・DSC小委員会:1999年2月22日〜26日

派遣者:

IMO対応委員会委員長 浦環

IMO・DSC特殊貨物部会委員 飛延孝男

3] IMO・DSC編集・技術作業部会:1999年3月1日〜5日

派遣者:

IMO・DSC特殊貨物部会委員 飛延孝男

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
805位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
13,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から