日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

フィットネス向上の科学 1998?体育科学 第27巻?

 事業名 日本人の体力向上に関する調査研究
 団体名 体育科学センター 注目度注目度5


体育科学センター第4回公開講演会講演要旨 3


健康づくり運動カルテについて



青木 純一郎


 近代文明の発達に伴う運動不足の健康におよぼす弊害について、観念的にはなかば国民の常識になってきた。 しかし、運動の積極的実践という面からみると、その常識がどれだけ国民一人ひとりに危機感をもって受け入れら れているかは疑わしい。
 このような背景にはいくつかの原因があるであろう。たとえば、国民への啓蒙が充分でないこともあろう。また、どのように 運動を行えば健康の維持増進に結びつくかに関する基礎的な研究が遅れていることもあろう。
 かかる社会的状況を踏まえて、体育科学センターは、昭和45年発足と同時に、故猪飼道夫教授ならびに鈴木慎次郎栄研生理学 部長を中心に全国から体力学の研究に従事する研究者を招いて、「運動処方」の研究を推進するプロジェクトチームを組織した。
 同チームは数次にわたって一堂に会し、研究方針をディスカッションした。その結果、最大酸素摂取量を研究のバックボーンと して、呼吸循環機能を中心とする全身持久力を向上させるための運動強度、時間および頻度の研究を展開することになった。
 数年にわたる研究で数々の貴重な成果があがった。そこで、広田公一教授を中心に数人のメンバーがこれらの成果を整理検討 し、運動処方の具体的手段を明らかにしょうとした。また、運動処方に不可欠な体力診断テストには12分走テストを採用し、各地 の研究者から数多くのデータを収集した。これらはコンピュータ処理され、日本人のための“体力区分表”も完成させた。それら をまとめて、解説したものがこの度刊行された「体育科学センター方式健康づくり運動カルテ」(講談社)である。
 同書に示された運動処方の具体的方法とその根拠を概括すると次の通りである。


順天堂大学
於:国立科学博物館昭和51年6月5日


前ページ    目次へ    次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
118位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
115,440

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.フィットネス向上の科学 1998?体育科学 第28巻?
2.「日本人の体力向上に関する調査研究」の報告書
3.「SSFスポーツエイド」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から