日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

フィットネス向上の科学 1998?体育科学 第27巻?

 事業名 日本人の体力向上に関する調査研究
 団体名 体育科学センター 注目度注目度5


表1 顧問の指導目標


表2 顧問が指導上大切にしていること

 また、より広い視点からは、運動部活動は競技に関わる対応能力の獲得だけでなく、日常生活における対応能力の獲得にも寄与 しているとし、スポーツ経験と人間形成の関係の重要性も指摘されている(上野、中込5))。このように、運動部活動参加者が、運動 部活動に対する積極的な意識を持ち、望ましい人間形成を実現するためには、運動部活動がそれを明確な目的として運営・指導 されることが必要である。
 本研究では、競技力の向上だけでなく生涯スポーツや人間形成も同様に重視した運動部活動における指導の在り方、とりわけ 指導者(以下顧問とする)が個々の部員の運動部活動への意識を含む心理的特徴を適切に把握し指導を行うことの重要性に着目 し、個々の運動部員に対する心理学的側面からの調査と情報提供とをどのように行ったらよいかを明らかにすることを目的と した。具体的には、部活動に対する意識と将来のスポーツ参加に関わる一連の研究(落合たち6,7,8))に基づき作成した運動部員 へのアンケートやスポーツマンに対する心理テストであるTSMIとSPTT、並びにパーソナリティ-テスト(バウム-テスト・文章 完成法テスト)を行い、その結果から部員一人ひとりの心理的特徴に関する情報を顧問に提供することが顧問の部活動指導にと って有効であるか否かを検討することとした。

 研究方法
 1.調査期間
 平成10年2月20日〜5月31日
 2.調査対象
 O市立S中学校サッカー部員:男子36名(1年生24名、2年生12名)ならびに同部の顧問教師(対象中学校の体育担当教員)。
 対象とした運動部の特徴ならびに顧問の指導方針は以下の通りで、競技的・技能的側面ばかりでなく、精神的・人間的側面で  の成長も指導目標とした運動部である。
 1)顧問の性別・年齢 男性・36歳
 2)顧問のサッカー歴 27年(運動部活動指導歴を含む)
 3)運動部活動指導歴 14年(対象運動部での指導は1年目)
 4)対象運動部の競技レベル O市で1〜3位(O市は県で16位程度)
 5)顧問の指導目標
 対象運動部の顧問の指導目標は、表1の通りである。
 6)顧問の指導方針
 対象運動部の顧問が指導の上で大切にしていることは、表2の通りである。



前ページ    目次へ    次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
118位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
115,540

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.フィットネス向上の科学 1998?体育科学 第28巻?
2.「日本人の体力向上に関する調査研究」の報告書
3.「SSFスポーツエイド」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から