日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


1−4 地方公共団体における情報システムのアウトソーシング

 地方公共団体における情報処理は民間企業と同様に1960年代から始まっており、コンピュータの導入は大阪市が1960年に大型コンピュータを導入したのが最初である。当初主流であった大型コンピュータはコストが高かったこと、また、アプリケーションの未発達から情報処理できる業務が限定されていたこと等の理由から、導入したのは大規模な地方公共団体がほとんどであり、小規模な地方公共団体を中心に外注するケースが多かった。しかしながら、近年、コンピュータのダウンサイジングにより、地方公共団体におけるコンピュータの導入も容易になってきており、これに伴い、委託団体数は減少している。しかし、これは「コンピュータの導入により外注していた処理を内部に移した」という意味合いが強く、システムやソフトウェアの開発、運用管理は依然として外注する場合が多い。図4-6に示すように電算業務の外注処理費は増加傾向にあり、低下傾向にあった電算関係経費に占める割合に関しても、1996年から98年にかけて再び高まっている。
 また、アプリケーションの多様化やパソコンの普及等に伴い、外注形態も複雑になってきており、一概に「アウトソーシングしている」、「していない」と区別できない状況になってきている。例えば、近年のCSSの導入が進んでいるが、比較的高度なサーバの運用管理はアウトソーシングし、クライアントであるパソコンは情報システム部門が運用管理することが想定される。このほか、バックアップデータの保存や、ヘルプデスク業務等を個別にアウトソーシングすることも考えられ、昨今ではインターネットの普及に伴いホームページの作成やWWWサーバの管理をアウトソーシングする事例も増えている。
 多摩市が中心となり行った『アウトソーシングによる電算業務運用の調査研究』(1995年(財)地方自治情報センター共同研究)によると、人口12万5千人から40万人の84市を対象に行った調査から表4-4に示すような情報システムの運用形態の傾向が見られる。しかしながら、実際には30とおりの形態があり、これからも個々の地方公共団体において多様なアウトソーシングの取り組みが行われていることがうかがえる。

表4−4 地方公共団体の情報システムの運営形態の傾向

・基幹業務は内部処理している。
・プログラムは委託開発している。
・汎用機のオペレーションはアウトソーシング(一部含む)している。
・コンピュータは自庁内に設置している。
・庁内に情報システム部門がある。
・運用を所管にオープン化していない。


図4−6 地方公共団体における情報システムに係る委託費の推移

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から