日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


第1節  調査研究の目的と内容

 地方公共団体における情報化は、行政内部の大量・定型業務を中心とした集中処理による事務処理の効率化・省力化に止まらず、職員相互間のネットワーク化の推進等による情報の高度利用、さらには、住民に広く開かれた情報システムや地方公共団体間のネットワークによる情報交換への利用も検討されるなど、ますますその重要性を増している。
 しかし、地方公共団体においては、総合情報システムの構築に向けて、業務システム間の統合化が進み、情報処理等における業務間の連携事項が増え、システムが巨大化、複雑化してきている。そのため、システムの開発や保守等において、システムの品質確保が難しくなったり、ネットワークを利用した情報システムが増え、急速に発展している情報通信技術への対応が容易でなくなるなど、システム開発及び保守に伴う経費が増大している。
 また、全庁的にさまざまな業務処理にコンピュータの利用が拡大するにつれて、情報システムの障害が全庁的な規模で影響を与えるようになってきており、システムの信頼性及び安全性を確保することが重要な課題となることから、セキュリティ対策経費が増大している。
 そこで、本研究では地方公共団体において情報システムを運用管理していく際の課題を整理するとともに、その効率化方策について調査する。そして、情報システムの経済性評価について検討するほか、近年、注目されているシン・クライアントの技術動向及び行政事務における有効性等について調査分析した。
 また、効率化方策の一つとして考えられるアウトソーシングの実施方法・手順や有効性等について検討した。

 

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から