日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

プレジャーボート・小型船用港湾案内(本州北岸・東岸)

 事業名 プレジャーボート・小型船用港湾案内の作成
 団体名 日本水路協会  


漁業について

 

漁業

本州東岸の沿岸及び沖合海域は、津軽暖流・親潮・黒潮の3海流が交錯し、寒暖両水系の魚類が豊富に来遊するため、極めて恵まれた漁場環境となっています。一本釣、はえ縄、底引き網、まき網、刺網及び敷網などの各種漁業が、ほぼ同年にわたって行われているので、付近を航行する船舶は操業漁船の動向及びその漁具などに十分注意することが必要です。

津軽海峡沿岸海域では、毎年3月〜5月の間、小型サケ・マス流し網漁業が行われるので操業漁船(10t未満)及び漁網(長さ900m)に注意する必要があります。

 

定置漁網・養殖施設

沿岸の距岸2M(所により5M)以内のいたる所に定置漁網があり、また、距岸2M(所により3M)以内に、魚介類・ノリ・ワカメ・コンブ・カキ・真珠・藻類などの養殖施設があります。このうち小名浜港付近及び日立港北東方の定置漁網は、かなり沖合にまで及んでいるので特に注意を要します。また、沿岸の浅い所や小さな湾の大部分に、前記各種養殖施設が設置され、水路が狭くなっているところが多いので、このような海域を航行する際には、同海域の地域的な状況を把握しておく必要があります。これらの定置漁網・養殖施設には、おおむね簡易標識が付設されていますが、小型で光力も弱く、状況によっては視認が困難な場合もあるので注意を要します。

 

(備考)定置漁具等の詳細については、次の特殊図を参照して下さい。

海図第6120号6 漁具定置箇所一覧図 第6(岩手・宮城・福島)

同 第6120号7  同 第7(茨城・千葉・神奈川)

同 第6120号13 同 第13(山形・秋田・青森)

(注意)小型定置漁具(第2種共同漁業)は、その個々の位置が確定していないので図示していません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
259位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
46,993

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.プレジャーボート・小型船用港湾案内(九州北西岸)
2.「プレジャーボート・小型船用港湾案内の作成」の報告書
3.「研究成果報告会開催案内(福岡・横浜開催)」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から