日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海洋微生物による流出油処理に関する調査研究報告書

 事業名 海洋微生物による流出油処理に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


6.3 シミュレーション結果の例

 

6.3.1 バイオレメディエーションを行った場合(栄養塩の間欠投入)

 

上記のシミュレーションモデルを用いて海浜模擬試験結果の推計を行う。

 

(1)三菱化学の栄養塩

?計算条件:表6-3-1

?計算結果

・分解率: 図6-3-1

・栄養塩濃度: 図6-3-2

・菌密度: 図6-3-3

 

(2)Inipol EAP22

?計算条件: 表6-3-2

?計算結果

・分解率: 図6-3-4

・栄養塩濃度: 図6-3-5

・菌密度:図6-3-6

 

(3)考察

海浜模擬試験で得られたデータとシミュレーション結果を比較する。

三菱化学の栄養塩について、海浜模擬試験での分解率は、56日で約55%(別の試験データによれば、56日で約40%、84日で約44%)であった。シミュレーション結果は、50〜51%程度である。

また、Inipol EAP22については、海浜模擬試験での分解率は56日で約13%であった。シミュレーション結果は、14〜15%程度である。

上記のことから、シミュレーション結果は、ほぼ実験結果と一致していると言える。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
475位
(35,650成果物中)

成果物アクセス数
24,690

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年3月18日

関連する他の成果物

1.「海洋微生物による流出油処理に関する調査研究」の報告書
2.沿岸海域における海洋汚染防止に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から