日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

作業環境整備のための調査研究(シンクロリフト設備導入のためのマニュアル)

 事業名 作業環境整備のための調査研究
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


1.2 プラットフォーム昇降設備

 

プラットフォーム昇降設備は

(1)プラットフォーム

(2)電動ホイスト

(3)コントロールセンター

以上の3つの部分からなる。

 

(1)プラットフォーム

通常、船舶は台車(図-3)を用いて揚陸、進水させる。プラットフォームはI型ビーム等の鋼製の梁に木製のデッキを貼り付けた構造となっていて、デッキには台車用レールが取り付けてある。また、I型ビームは、シンクロリフト横断方向に配置された複数の主桁,中間桁、シンクロリフト縦断方向に配置された縦桁で構成されている。(図-4)

プラットフォームの主桁はワイヤーケーブルで吊られており、両サイドに設置された電動ホイストと呼ばれる巻き上げ装置によって鉛直方向の移動が可能となる。

プラットフォームの設計は台車輪荷重(キール荷重,ビルジ荷重)によって行われる。(図-5)設計輪荷重の設定にあたっては、取り扱う船舶の重量、寸法を考慮して設定する必要がある。

プラットフォームの標準的な平面図・断面図を参考図として図-6に挙げる。

003-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
556位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
19,862

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「作業環境整備のための調査研究」の報告書
2.小型船造船業の構造改善計画実施報告書概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から