日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

第21回 アジア太平洋造船専門家会議(議事概要・各国提出資料)

 事業名 造船専門家会議の開催
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


 

韓国

 

韓国造船産業

 

? 造船産業

 

?-1 序論

 

韓国における近代造船業の歴史は1937年の朝鮮重工業(今日の韓進重工業株式会社の前身)の設立にさかのぼる。

1960年代には、韓国造船業は沿岸操業用漁船および小型の貨物船を主として国内向けに建造していた。1970年代には造船所の新設が相い次ぎ、また現代重工業株式会社の設立が契機となって、韓国造船業は積極的に国際市場に進出し、1974年には260,000DWT型VLCCを引渡した。

1980年代には世界造船市場における韓国のシェアが着々と拡大し、生産性向上と技術、関連工業の発展により、現在では世界市場に25%ないし30%のシェアを占めるにいたっている。1990年代には国内造船所で最初のLNG船が建造され、94年6月に船主に引き渡され、また高速客船も何隻か引渡しが行われた。

韓国造船業界は現在、経営の合理化と生産性の向上により、質の高い船舶を妥当な価格で供給するため、最善を尽くしている。韓国造船業界はまた、各種の国際会議、技術交流、共同出資、業務提携等を通じて、国際協調を促進するため、あらゆる努力を傾けている。

 

?-2 造船所と設備

 

現在、新造船事業者10社が韓国造船工業協会(KSA)に加盟しているが、このKSA会員企業だけで韓国の総建造量の95%以上を占める。

082-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,802位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,781

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「造船専門家会議の開催」の報告書
2.平成9年度通信教育 造船科講座のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から