日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

伊勢街道市場庄の町並

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


余裕がある、もともと街道交通への依存度が高くない。などから今後の生活変化への対応が容易。残しながら生活することが可能である。

 

2.町並の特色

町並の形態とその形成

市場庄の町並は、周囲に比べてわずかに高い砂碓上に成立したものであり、町並の軸となる街道は全体的に蛇行し、直線部分は殆どない。このため、景観的には数軒分の家並が単位となって、微妙に表情を変えながら次々に街道を行く人の目に表れてくる。

屋敷地割には一定の規格性は認められず、奥行、間口はまちまちであり、街道と屋敷地の縄張が統一的、計画的になされたとは考え難い。敷地境界は、特に地尻では明瞭な境界装置を持たず、また、不安定である。

町並形成の中心となる地区も地割りからは明確に読みとることはできないが、庄屋宅や神楽寺が所在する一帯がそれに当るのであろう。神社は町並とは難れ、街道と並行する

農業生産と町並

市場庄はもともと、街道交通への依存度は低く、ミセでの商売も土産物や雑貨の小商い程度であり、農業経営の副業の域を出るものではなかった。このため、明治中頃の街道交通の衰退も、町並の衰退を招くこととはならず、殆どの家で商いを廃業したものの、農業を主として生計を立てることができた。

また、街道への依存度が高く田畑の少ない層は、近代において、存続が難しかった。

上層に位置するのは地二十二層であり、余裕のある豊かな農業経営から、市場庄の農民は「旦那百姓」と呼ばれたという。

正面を整える

敷地間口は一般的な平入町屋の町並に比べて広いが、敷地間口を主屋と門、土蔵、納屋で塞ぎ、町並を建築によって作っていく・建築群によって町並を整えていく。江戸末期には、このような町並は定着している。土蔵は小作人からの米を納める米蔵であり、搬出入の便と地主の威信のために表に位置するという。

町並の性格

宿場町ではない、在郷の経済の中心でもない。農業を主体とする町並である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
995位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
11,288

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.眺山丘陵と下小松古墳群
2.中山道柏原宿まちなみ調査
3.広報誌「自然と文化 55号」
4.広報誌「自然と文化 56号」
5.広報誌「自然と文化 57号」
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.「観光通訳研修会」開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から