日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

伊勢街道市場庄の町並

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


庄地内や周辺での開発も活発であり、町屋の建替も進行している。こに対して、市場庄の特質を活かした個性的な町づくりの方策を、住民や関係諸機関が考えていくための手がかりを提供することも、調査者のねがいとなっている。

 

2.調査地区の範囲

ここでの基本的な調査地区は、三雲町市場庄地区の一丁目から十丁目の範囲であり、近世に遡る市場庄の町並全域を含んでいる。しかし、この地区は現状ではその北で六軒(松阪市六軒)の町並と連旦しており、歴史的にも六軒は市場庄の枝郷として成立している。更に、市場庄の町屋は妻入、六軒の町屋は平入と、異なる形態を持っており、その理由も大いに関心の時たれるところである。

このような理由から、六軒は松阪市に属し、三雲町に属する市場庄とは行政区画を異にするものの、適宜調査範囲を拡大し、六軒「地区をも含めて調査を行うこととした。

 

3.調査の内容

1)町並の沿革、形成過程

地図史料類をはじめ、町並の形成に関わる史料類を収集し、地割、道、水路等について、分析を行った。

2)町並と建物の概要

街道に面する町並の現状把握と記録保存のため、町並の連続写真を撮影した。また、町並に面する建物の構造、建築年代等の把握を行った。更に市場庄の町並景観の特色や問題点を把握するための、景観写真撮影を行った。

3)建築調査

町屋をはじめ、寺院、公会堂など市場庄の主要建物の実測調査を行い、平面図、立面図、断面図、配置図等を作成した。また、写真撮影を行い、住まい方等について聞き取りを行った。町屋については、市場庄との比較のため、小津、六軒の町屋についても実測調査を行った。

 

4.調査組織

本調査は(財)日本ナショナルトラストによって、平成九年度の観光資源保護調査として行われたものである。調査の企画調整は以下の調査委員会と事務局を組織して行った。また、調査実施に当たっては地元の前田、米本委員及び下記の地元協力

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
995位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
11,288

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.眺山丘陵と下小松古墳群
2.中山道柏原宿まちなみ調査
3.広報誌「自然と文化 55号」
4.広報誌「自然と文化 56号」
5.広報誌「自然と文化 57号」
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.「観光通訳研修会」開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から