日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

アジア諸国の公務員制度[?](インドネシア・タイ・台湾)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


 

第3編

台湾の公務員制度

102-1.gif

序章 概説

 

1 歴史

台湾に関する記述が最初に見られるのは3世紀ごろのことで、秦、漢の時代には東鯤、後漢・三国時代の呉においては夷州と称されていた。この呉の時代の王が、夷州に兵を派遣し、数千人を呉に連れ帰ったとの記述が残っている。随の時代には煬帝が対外遠征を方々に試み、607年、部下を流求国(現在の台湾)に派遣し宣撫工作を図ったが、流求国は従わなかったため派兵し、数千人を捕虜にして凱旋、以来往来を断ったとの記述もある。唐代ののち、五代を経て宋代まで中原は戦乱に明け暮れ、沿海の人々の中には海を越えて台湾に避難する者も多かった。

元は海外経営に積極的で、二度にわたる台湾探検は効果がなかったが、澎湖を版図に収め、1360年に正式に澎湖に巡検司を置き、福建同安県に組み入れた。これが中国の澎湖統治の始まりである。また、13世紀から16世紀にかけては倭寇が盛んで、南台湾には倭寇の基地があった。

台湾本島の中国による統治は、明が1563年に台湾に巡検司を設けたことに始まり、16世紀後半は漢人の渡台が多くなった。一方、西欧列強の台湾を巡る動きもこの頃から活発になり、オランダ人は1622年に澎湖を占領した。そこで明はオランダ人に対し、澎湖を放棄させるが、オランダの台湾占領に明は異議を挟まず、オランダの中国貿易保証を申し入れ、合意が成立した。そしてオランダは1624年、南部台湾を領有した。

一方、スペインは1626年、基隆、淡水などを占有したため、オランダは1639年淡水のスペイン軍を攻撃したが失敗、1642年に漸く同軍を撃破して、スペインは台湾から引き揚げることになった。

これに先立ち、1630年頃福建省が数年にわたり大飢饉に見舞われ、海賊出身でその後、明の官位を得た鄭芝龍が開拓のため数万人を船舶に乗せて台湾に渡らせた。そこで台湾在住の漢人はこの時から漸次多くなり、村落を形成した。

1644年ごろ、満州の愛親覚羅が南下して清と号し、ついで李自成の乱で華南が兵火にさらされ、難民10万が台南に移った。オランダは開発の労働力として難民の受入を歓迎した。鄭芝龍はすでに台湾を去って、1646年には清に降伏した。

鄭芝龍の息子の鄭成功は軍を率いて故国の回復を図り、1658年南京に向かったが失敗した。そこで1661年25,000人をもってオランダ人占領下の台湾を攻略すべく、まず澎湖を占領した。さらに台湾本島に進攻した。同年12月、オランダ人は投降、ジャワへ引き上げた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
426位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
25,962

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査(平成9年度)?雇用流動化時代における企業の人事管理諸施策に関する調査?
2.「人事行政に関する調査研究」の報告書
3.開発途上国等の公務員を対象とする部下の育成・仕事の管理・倫理高揚研修の開発のための調査研究報告書〔?〕〔シンガポール、中華人民共和国、ヴィエトナム社会主義共和国〕
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から