日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


活発な議論に期待する

岡崎研究所所長

岡崎久彦

 

本日は公海の自由航行プロジェクトの一年間の総括のセミナーとなりました。国際経済政策調査会が主催するこのプロジェクトを、当研究所も協力団体として全面的にご支援して参りましたが、97年5月の第1回研究会から、今月12日の第7回研究会まで、専門家の皆さんとともに、非常に熱心に勉強できたことは幸いでありました。

 

シーレインの問題については、米国にまとまったものがあればそれから学ぼうと思いましたが、あまり勉強はしていないようで、この研究会が世界のトップクラスになる潜在的可能性を秘めていることが、わかって参りました。とくにアジアの海洋国家は小さい国が多いですから、公海の自由航行の問題は日本が考えなければ誰も考えません。そういう意味からも、この研究会の役割はますます重要になると思います。

 

本日のセミナー冒頭に、この研究会で、今後とも研究し、討議していただきたい課題を申し上げたいと思います。わたしは、ここでは課題だけを申し上げ、結論は申し上げません。結論は皆さんとともに多いに議論したいと思うのです。本日のセミナーでも、これらの課題が活発に討議されることを期待いたします。

 

まず、日本周辺のシーレインですが、これは、鈴木善幸首相が1981年の訪米時に言った発言が基礎です。鈴木首相はこのとき、南東航路、南西航路、周辺1000海哩は日本が防衛すると約束したのです。

 

これの実施ぶりについては、日米海軍の連絡が密であり、その後、長きにわたり、うまく機能していると思います。日本には、100機の対潜哨海機(P3C)があり、駆逐艦の数は日本が米国を凌いでおり、日米協力に関しては、米国からの不満は、現時点ではまったく聞こえて参りません。

 

ところが、鈴木首相の時代は何といってもソ連が主たる敵でした。とくに怖かったのはソ連の潜水艦と長距離爆撃機バックファイアーでした。その脅威が冷戦後には消滅したわけです。

 

そこで、今後何を変えねばならないかですが、新しい課題は、台湾海峡の緊張が起きたときどうするかです。バシー海峡までのシーレーンを日米協力でどう守るかという課題です。これは20年前にはなかった新しい課題です。

 

この場合を含めてさらに、これまで全くやってこなかったことについて、今後どうするかという問題があります。集団的自衛権の問題など、いままで考えたことのなかった問題を、日米が一緒に考えていく必要があります。日本にとって最大のクライテリアは日米同盟を如何に信頼でき、長続きできるものにするかという事に尽きます。

 

日本の石油ルートは、マラッカ、ロンボクなどが全て封鎖される最悪の場合でも、オーストラリアの南を迂回すればなんとかなると思いますが、公海の自由航行プロジェクトでも議論されたように、シーレーンは石油だけの通り道ではありません.

 

日本に一番近い南シナ海の航行の自由が脅かされることは日本の国益に重大な影響を及

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
156位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
86,764

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から