日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


尖閣諸島を巡る紛争と解決の見通し

 

尖閣諸島を巡る日中間の紛争は、領有権及び関係水域の管轄権という二つの側面において北東アジア海域で最も議論の余地のある問題の一つである。5つの島及び3つの岩からなる総面積7平方キロの尖閣諸島は、台湾から約120海里、中国沿岸から200海里、沖縄から200海里に位置する。その周辺水域は漁業資源に恵まれ、石油や天然ガス埋蔵の可能性もある。尖閣問題が顕在化したのは、1969年にECAFE(国連アジア極東経済委員会)が豊富な天然資源について報告して以後のことである。1972年の日中国交回復に際して尖閣問題は棚上げされたが、両国間でその解釈が異なる。中国側は、将来の交渉のための良好な二国間関係の維持と考え(訳者注:78年訪日時にトウ小平副総理(当時)の示した「棚上げ、次世代に任せる」との立場を指すと思われる)、日本側の一部は、日本の実効支配を確立したと考えている。二国間及び東アジアの安定と平和のため、ここでは紛争解決のための選択肢について考慮してみる。

 

1.歴史的事実

釣魚島(尖閣の中国名)は16世紀半ばから中国領だった。右は中国の記録のみならず琉球の記録及び当時の地図から確認できる。琉球王国は1609年に島津に征服されるまで代々中国の王朝によって戴冠されてきた。琉球は1872年に沖縄県として正式に日本に併合されたが、その領域は当然琉球王国の領土と同一のものであり、尖閣諸島は含まれていなかった。日本の琉球併合に対し清王朝より異議が申し立てられた結果、沖縄を日清間で二分割することとなったが、右は清国王により批准されないまま日清戦争が勃発した。尖閣諸島の領有に関し、日本側が画策を始めたのは1884年頃からであり、1895年の閣議決定を以て正式に沖縄県に編入された。右決定は明らかに日清戦争における日本の勝利と関係がある。同年下関条約が締結され、台湾及び付属の島が日本に割譲されたが、中国側の立場は尖閣諸島は当時台湾の一部であったというものである(訳者注:日本の立場は、1885年以来の調査の結果、尖閣諸島が無人島であり、且つ清国を含むいかなる外国の支配も及んでないことを確認した上で(国際法上の先占の用件を満たしたものとして)1895年に沖縄県に編入したもので、下関条約とは無関係というもの)。

1945年に第二次世界大戦が終結した際、日本はカイロ宣言に則って満州、台湾等の領土を中国に返還することを受諾した。台湾の中国返還は1951年のサンフランシスコ平和条約で正式に規定されたが、同会議に中華人民共和国は招待されなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
83,540

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から