日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大都市行政制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


カルネットワークの形成」,「市民によるエコアップ運動の展開」及び「エコアップ技術・情報の交流促進と向上」の3つを掲げ,併せてその具体的施策となる14のアクションプランを示している。

? 緑の保全と創造

 _I融堽个隆靄楫弉?「緑地の保全及び緑化の推進に関する基本計画」,平成9年11月策定)緑の課題として総量維持,農地保全・農業振興,市民主体の保全・創造を掲げ,21世紀の緑の将来像を示しながら,その実現に向けた施策の体系化を図っている。

◆[价亙歛源?ネ

緑地保存地区・市民の森・ふれあいの樹林等に指定(奨励金交付,買取制度等)することで,民有緑地の保全及び市民・地域の憩いの場・ふれあいの場としての活用を図っている。また,よこはまの森を支える市民ボランティアの育,活動支援・ネットワークづくりや活動場所の仲介等を行っている。

?[个凌篆覆舛咾辰外蘋??ネ

子どもやボランティア指導員希望者を対象に「みどりんぐスクール」(植物栽培実習)を実施し,修了者で「ちびっこ緑の推進隊」を組織して地域緑化活動を実践している。

? 水環境の保全と創造

 _I融埒經超?弉?平成6年3月策定)

河川・海域について,水質・治水から流量や水辺,周辺環境まで含んだ水環境の保全と創造を進めるうえでの水環境目標の設定,目標達成のための方策を示した。

◆_I融垰毀運經超?敢唆?楼??ル(対象:市内在住・在勤者)横浜市水環境計画に基づいて,川・海について月1回,水質測定,生物・周辺環境調査を実施している。

(3) 自主的な環境保全活動の推進

市民・事業者の環境に対する関心を高め,自主的な活動を支援・創出するため,普及啓発,情報提供や人材育成などを行っている。

? 横浜市環境保全活動助成制度

環境保全基金の運用益を活用して,環境保全活動団体への助成,環

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,637位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
6,318

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
14.フランス地方税便覧
15.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
17.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
18.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から