日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


基調講演

 

テーマ:「森と碁らす、森に学ぶ」

講師:柳生博(俳優)

(手話通訳:杉山克子、福岡志廷)

004-1.gif

 

俳優。1937年茨城県生まれ。

視力の低下により船長への夢を断念、俳優座養成所に入所。

1961年東映映画「あれが港の灯(ひ)だ」でデビュー。

NHK朝のテレビ小説「いちばん星」の野口雨情役で一躍脚光を浴びる。

現在「生きもの地球紀行」(NHK)、「平成教育委員会」(フジテレビ)にレギュラー出演、テレビ・映画・司会等と幅広く活躍。

私生活では山梨県八ヶ岳南麓にアトリエを建て約7,000本もの雑木を家族と共に移植してきた。

著書に『八ヶ岳倶楽部 森と暮らす、森に学ぶ』(講談社)

 

柳生でございます。いい天気なのに、こんなにおおぜいお集まりいただいて、ありがとうございます。

私は、関東地方の茨城県に生まれ育って、いま、東京と八ヶ岳に住んでおります。関東から出てきますと、あらためて、関東に生まれ育ったぼくは田舎者だなということをいつも感じます。ここにお住まいのみなさんには、あまりそういうことはないかもしれませんが、まるで民度のちがいのようなものをいくつも感じることがあります。民度というと、へんな言葉とお思いかもしれませんが、レベルの高さというのですかね。自分のふるさとをあまり悪くいうのもなんですが、関東に生まれ育って、なんともがさつで、なんとも粗野で、だから一所懸命勉強したのかなというのもありますしね。こちらに来ますと、まさに京都、京の都、そしてかつてはその玄関口であった丹後半島であり、舞鶴であり、そしてそこのとてもたくさんの人たちが、物資が、文化が、魂が往復していったであろう、そしてクロスオーバーしていったであろう福知山。そのようなことを考えますと、私の生まれ育った関東、茨城県、東京というのは田舎だなと、すごくそういうものを感じます。きょうはどうぞ田舎者の話を、1時間ちよっといただきましたので、聞いてください。

環境の話ですが、どうでしょうみなさん。環境とか自然とか、そういう言葉から入ってしまうと、とてもつかみどころのない、だけどそれを何度もいっているうちに、とても頭がジーンと麻痺していくような、そんな感じになることはありませんか。じつはぼくは、環境とか――エコロジーというのが、世界各地にいってもたった一つの世界中のテーマ、共通語なのですが、あまり抽象的なこと、一般的なこと、一般論、抽象論をいってしまうととても虚ろな感じがする、きょうこのごろです。

きょうは、私は学者ではありませんで役者ですので、きわめて個人的な、なるべく自然とか環境とか、そういうちょっとよくわからない言葉はあまり使わないようにして、みなさんと話をしたいと思います。きわめて私自身の話だけをします。ですから、みなさんもきょうこれからは――われわれの世界でそれをオーバーラップというのですが……。

オーバーラップというのは翻訳できますか。

 

●手話通訳 指文字という手話がありますので、それで「オーバーラップ」といたします。

 

●柳生 オーバーラップというのは、私がいまテレビに映っているとしますね。そうすると、みなさんが私をじっと見ているうちに、死んだじいさんの顔がスッと浮かんできたりね。(笑)ないしは、むかし飼っていたウシ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,186位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
904

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
14.フランス地方税便覧
15.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
17.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
18.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
19.大都市行政制度に関する調査研究報告書
20.地方税制度に関する調査研究
21.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から