日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

自治だより平成9年7月号(120号)

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


003-1.jpg

必置規制の縮減・廃止と地方行政体制の整備

森田 郎(東京大学大学院法学政治家研究科教授)

 

●地方分権推進委員会の第2次勧告

7月上旬、地方分権推進委員会の第2次勧告が内閣総理大臣に提出された。この勧告では、昨年12月の第1次勧告に引き続き、機関委任事務廃止後の事務区分についての整理がなされたほか、国と地方の関係調整ルール、都道府県と市町村関係、さらに補助金税財源のあり方、必置規制の緩和・廃止および地方行政体制のあり方についても勧告がなされた。残された課題についてさらに9月末に勧告が予定されているものの、地方分権推進のための主要な論点は、今回の勧告におおむね含まれているといえよう。

筆者は、1996年の4月以来、参与として地方分権推進委員会の活動に参加し、主として行政関係検討グループに所属するとともに、本年1月以降は、新たに発足した地方行政体制等検討グループの幹事として、主に必置規制の縮減・廃上のための検討作業に従事してきた。ここでは、その過程でなされた議論を踏まえ、必置規制の廃止を含む地方行政体制の問題について、筆者なりに整理してみることにしたい。

●自己決定権と自主組織権

今回の分権改革によって、機関委任事務が廃止され、国による多くの関与がなくなることになった結果、地方自治体は、その自己決定権の範囲を拡大することになる。すなわち「自治」の拡充が可能になるのである。もとより現実に自己決定が増えるか否かは、各自治体の決意次第である。しかし、これまでは集権的な諸制度によって制限されていた自己決定の範囲が拡大することは間違いなく、その点に今回の分権改革の最大の意義がある。

ところで、自治体の自己決定権の拡大は、その決定に対する責任の増大を伴う。自治体が自らの決定で実施するさまざまな施策の結果については、自治体が自らその責任を負わなければならない。それゆえに、自治体の首長・議会は、住民のエーズを正確に汲み取り、それに的確に応えて行政サービスを提供していかなくてはならない。

その際、どのようなサービスを、どのような体制によって提供していくかということは、本来、自治体自身の決定に委ねられるべきことがらであり、いかに効率的に必要かつ充分なサービスを提供できるか、また施策の決定過程をいかに透明度の高いものにするかが、各自治体の力量の問題として問われることになる。また、このような透明で公正な決定過程を経て、もっとも効率的な行政サービス提供の体制を作ることは、現在、喫緊の課題である行政改革の目的に資するものであることもいうまでもない。

このように、自治体が地域の事情に応じた個性ある政策を実施していくためには、各自治体が柔軟にその事務執行体制を編成することが不可欠である。このことは、法律によって自治体に義務づけられた事務を実施する場合についてもいえることである。そして、これは、今述べたように限られた資源を効率的に用いてニーズに応じた的確な行政サービスを提供するために必要であるというだけではなく、そもそも憲法第92条に規定されている自治体の自主組織権の要請でもある。

●必置規制とその問題点

しかし、実際には、多数の法令や、ときには通達によって、自治体の組織や人事のあり方が規定され、自主組織権が制限されている場合が少なくない。一定の機関や職の設置を義務づけたり、職員が一定の資格を有することや、それらの職員の配置基準や定数、さらにはそれらの職員が他の業務に従事することを禁じる専任規制などのいわゆる「必置規制」が多数設けられているのである。ま

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,619位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
1,170

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年9月号(121号)
8.自治だより平成9年11月号(122号)
9.自治だより平成10年1月号(123号)
10.自治だより平成10年3月号(124号)
11.コミュニティの地区指定概況
12.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
13.フランス地方税便覧
14.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
15.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
17.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
18.大都市行政制度に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から