日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(c) 内航貨物船及び漁船

定期的検査の時期に合わせて膨脹式いかだの整備が実施されると思われるので、いかだの整備は最短の場合は1年9ヵ月、最長の場合は3年3ヵ月の場合が生じてくる。

艤装品の内、火工品及び応急医療具Aパックは有効期間が3年6ヵ月であるが、これを新換する場合には船主の意向に従い実施し、トラブルが発生しないよう注意する必要がある。

実施される検査は製造後の経年により次のとおりである。

上記の(b)及び(C)の船舶については、A761(18)の整備の方法が準用されている。

(d) 膨脹式救命いかだの整備時期及び整備内容

(1) 原則

122-1.gif

(2) 特例

第2種船にあっては、定期的検査で行う実ガス膨脹試験、荷重試験、耐圧試験及び漏洩試験を当該検査とその後の定期的検査に分割し、それぞれ3年を超えない間隔で、かつ、全体が3年3月以内に結了するように順次行ってよい。(実ガス膨脹試験については、5年毎に最低2個以上実施し、それ以外のいかだについては、ガスポンペ交換時に実施しても差し支えない。ただし、ガスボンベの有効期限内に限る。)

 

(特例の一例)膨脹式救命いかだを30台搭載している第2種船の場合

(全数同じ製造年月)

122-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
85位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
153,990

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から