日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「銚子地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト

 事業名 小型船舶の安全確保
 団体名 関東小型船安全協会 注目度注目度5


荒天時に於ける小型船の操船

海事補佐人 横山信夫

 

(T) はじめに……。

一概に小型船と言っても航行区域100浬以上の排水量型外洋小型船も有れば2浬以内に航行が制限されている水上オートバイも有る。

ヨットについて言えば緯度が60°N以北,60°S以南でも航海できる外洋クルーザーヨットも有れば5T未満の機付ヨットも有ると言った具合で船型,航行区域の巾が広く小型船全体に就いてあてはまる荒天操法等と言ったマニアルは無い。

要は運航者の技倆や船体の性能が環境(気象,海象)とのバランスをくずしたときに海難が発生する訳であるから30フィート5屯前後以下のプレジャーボートは風力4〜5を限界と考え,すみやかに運航を断念すべきであって,マリーナでは契約定係船の船型,所在地の地域特性等を加味して出艇停止を勧告している所も多い様であるから,それ等の基準をよくわきまえて環境に対する正しい判断を持ち,先ず荒天に会わない様に船をもって行くのが荒天運用の第一の基本である。

さて,小型船に最も危険を与えるものとして風浪がある。

風浪は,週期30秒以下の波頭の尖った波形をしているが,特に小型船は波長と波高のバランスがくずれた異常波に注意しなければならない。

異常波には三角波,磯波(surf),捲波(Roller Breaker),引波,汐波等があるが,いずれもこれらの波は海岸付近,河口,リーフ等で発生しやすく,この付近で転覆してしまう小型船は全転覆海難事故の40%を占めている。

荒天下で最も船にダメージを与えるのは,波高の高い波である。

波高は普通有義波高で表示されるが,強風波浪注意報発令下の波高はその場所で予想される有義波の最大値で報道されている。

1/10最大波高は有義波高の約1.3倍であるがその中の1波は1.6倍になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,648位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
5,190

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「那珂湊地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト
2.「那珂湊地区安全講習会」講習会風景写真
3.「御前崎地区安全講習会」講習会風景写真
4.「銚子地区安全講習会」講習会風景写真
5.海事思想普及パンフレット
6.海事思想普及事業「子どもの体験航海(逗子マリーナ)」航海風景写真
7.安全運航教本「雲形と天気」
8.「御前崎地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト
9.「安全パトロール平成9年度 第1号」パンフレット
10.広報誌「安全パトロール通巻53号」
11.「みんなで守ろうルールとマナー」ポスター
12.「実技(水上バイク)講習会」事業実施記録書
13.「実技(水上バイク)講習会」テキスト第1号
14.「実技(水上バイク)講習会」テキスト2
15.「実技(水上バイク)講習会」テキスト3
16.「実技(水上バイク)講習会」テキスト4
17.「実技(水上バイク)講習会」風景写真
18.「小型船舶の安全確保」の報告書
19.海上安全指導員のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から