日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成9年度里親研修会テキスト

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


談所長は、事情を十分調査した上で、それをまとめるよう努めること。

 

第5 都道府県間の連絡

この都道府県にまたがる養子縁組のあっせんについては、各都道府県知事は相互に緊密な連絡をとり必要な協力を行うこと。

第6 家庭裁判所との協力

児童相談所長は、養子縁組につき家庭裁判所から調査等を依頼された場合において、児童福祉の観点から必要と認められるときには、協力を行うこと。

 

6. 里親等家庭養育運営要綱の実施について(昭和62年10月31日 児発第901号 各都道府県知事・指定都市市長あて 厚生省児童家庭局長通知)

 

里親等家庭養育運営要綱については、昭和62年10月31日厚生省発児第138号「里親等家庭養育の運営について」により厚生事務次官から各都道府県知事及び各指定都市市長あて通達されたところであるが、その実施に際しては特に次の事項に留意し、遺憾のないよう努められたい。

なお、昭和49年9月17日児発第596号本職通知「短期里親の運用について」の前文を「短期里親制度については、基本的には通常の里親制度の一環として、昭和62年10月31日厚生省児発等138号厚生事務次官通知「里親等家庭養育の運営について」及び昭和62年10月31日児発第901号本職通知「里親等家庭養育運営要綱の実施について」により運用されるものであるが、一時的な委託という性格を考慮し、次の事項に留意して遺憾のないよう努められたい」と改める。

 

第1章 里親制度

 

第1 里親制度の運営機関について

1. 児童相談所長は、福祉事務所長、児童委員、児童福祉施設の長をはじめ、里親会その他児童に関し相談に応ずる事業を行う社会福祉法人等の民間団体(以下「民間団体」という。)と緊密に連絡を保ち、里親制度が

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,008位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
2,540

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.機関誌「里親だより」第56号
2.里親月間ポスター
3.「里親制度の普及振興」の報告書
4.高齢者社会における肢体不自由者の人生設計
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から