日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

東アジア地域高齢化問題研究?都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ??

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


の必要性がある。

政府は、高齢化および高齢者への孝心および肯定的な認識を育成するために、高齢化についての大衆の認識向上を活発に推進している。

最近、高齢者向けのデイケアセンターを子供のケアセンターにきわめて隣接して設立したり、学校のボランティア・プログラムで、子供および若者が高齢者と親しくなったり、ケア付き宿泊施設を訪問したりする様な、世代間の交流を推進する活動も行われている。この様な世代間の交流機会は、世代間の理解を高めるためにさらに奨励すべきである。頻繁に触れ合うことで、世代間の固定観念を減らし、高齢者への尊敬を深める助けにもなるだろう。

 

人口の高齢者の占める割合の驚異的な増加を人類が初めて経験するので、多くの国では、既に、老人学の知識の需要に応えるために、研究機関を設立している。シンガポールでは、高齢化の研究の傾向が奨励されており、シンガポールの高齢化の研究の増加に加えて、高齢化のプロジェクトの地域的および国際的な共同研究も増加している。老年学の研究の必要性に対処するために、シンガポールも、高齢化に関する国立機関の設立を検討すべきである。現在、共同体開発省内の高齢化および家庭の全国評議会が、家庭及び高齢化政策問題に関する討議および提案を助けている。しかし、これは、研究に関する機能を持たず、独立した機関ではないので、全体的には限られた役割しかしていない。

 

まとめ

 

この報告は、シンガポールの高齢化人口の出現と、高齢者に関連した問題の政府の対応戦略について述べた。人口の高齢化についての懸念は、1980年代に始まった。そして、20年に満たない間に、人道面および開発面でこの懸念の進展が起こっている。人道面の懸念の中には、高齢者が家庭や共同体に住む事への支援を提供する政策とプログラムが含まれる。政府は家族による高齢者のケアを推進しており、それと同時に、調査でも、子供が高齢者の支援を提供をする傾向は続いていくことが示された。しかし、女性の職場進出の増加および生活様式の変化の様な、社会的な現実の変化で、より多くの家庭が、彼らが親孝

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
382位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
29,138

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.フランスの出生動向と家族政策?少子・高齢化に関する国際研究?
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から