日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

アジア諸国の公務員制度?/シンガポール・マレーシア・フィリピン

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


序章 概説

 

1 地理的条件

シンガポールはシンガポール本島と60の島からなっている。シンガポール本島は南北42?q、東西23?q、面積は586.5平方キロメートルで、大体淡路島と同様の大きさである。島々も含めた総面積は647.5平方キロメートルになっている。シンガポールは北緯1度9分から29分の間に位置しており、気侯は熱帯に属する。平均気温は約26.7度で、寒暖の差は小さい。

 

2 人口

人口は、シンガポール市民及び永久居住権を有している者を合わせて、299万人(1995年現在)となっていて、1994年から1995年の人口増加率は1.9%となっている。人口密度は約4600人/平方キロメートルで、日本(335人/平方キロメートル)と比べて、はるかに人口密度が高くなっている。なお、平均寿命は、1995年現在で、男子74.2歳、女子78.7歳となっている。

 

3 民族

人口構成は、中国系77.4%、マレー系14.2%、インド系7.2%、その他1.2%となっている。また、人口中15歳未満が23%、60歳以上が9.7%となっている。

 

4 宗教

宗教的には、仏教徒31.9%、道教徒22.0%、イスラム教徒14.9%、キリスト教徒12.9%、信仰宗教なし14.5%となっている。

 

5 言語

マレー語、中国語(マンダリン)、タミール語、英語が公用語となっており、マレー語が国語で、英語が行政用語になっている。

 

6 歴史

シンガポールに関する記述としては、3世紀に中国がシンガポールの地を“Pu−luo−chung(半島の端にある島の意味)”と呼んでいたという記述が最も吉いと言われている。その後、7世紀頃にはトマセック(Temasek)と呼ばれ、港町として繁栄していたとの記

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
754位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
14,211

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.将来ありべき人事管理を考えるための基礎調査(平成8年)/低成長期における企業の人事制度の抜本的見直しに関する調査
2.「人事行政に関する調査研究」の報告書
3.開発途上国等の公務員を対象とする部下の育成・仕事の管理・倫理高揚研修の開発のための調査研究報告書〔?〕(ポーランド・ハンガリー・ルーマニア)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から