日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

酸素吸入の理解と適用 在宅酸素療法のよりよい実践のために

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


 

表2 成人のPao2とSao2値(B.A.Shapiro)

039-1.gif

 

Sao2については、94〜90%を軽度、89〜75%中等度、74%以下を高度の低酸素血症と考えておいてよいでしょう(表2)。
呼吸不全の診断基準も研究者によって違い、Pao2 75?Hg以下とするものもいますが、一般には60?Hg以下とするものが多く、わが国の基準も前述したように大体これと同様です。
動脈血二酸化炭素分圧(Paco2)の成人の正常値は40±2mmHgです。これより高値を過炭酸ガス血、低値を低炭酸ガス血としますが、一般に過炭酸ガス血症は45mHg以上低炭酸ガス血症は35mmHg以下です。
?経皮的動脈血酸素飽和度検査(オキシメーター)
今日ではパルスオキシメーターによる酸素飽和度の検査が一般に行われています。パルスオキシメーターによる検査値はSpo2と略記します。もちろん正常値は97%以上で、95%以下が低酸素血症になります。
オキシメーターの原理は、酸素ヘモグロビンと還元ヘモグロビンの量的差を光の吸収スペクトルによって測定したもので、パルスオキシメーターは脈波による血液量の変動を光の吸収スペクトルの変化分として検出する装置です。赤外光は酸素ヘモグロビンで強く吸収され、赤色光は還元ヘモグロビンで強く吸収されます。ですから、あまりに脈が弱く脈波が小さいと、酸素ヘモグロビンと還元ヘモグロビンに量的差があっても検出しにくいという欠点があります。すなわち、血圧の測定が60?Hg以下のショック時や、脈動がほとんどなくなり、低体温となっている

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
28位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
298,001

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.生活医学シリーズ「救急車お願いします!!」
2.第22回 医療と教育に関する国際セミナー「変わっていく医療システムの中でいのちの質をどう高く保つか」
3.Hospice/Palliative Care in Asian Pacific Countries
4.第2回 アジア太平洋地域ホスピス連絡協議会および第2回国際ホスピスフォーラム報告
5.ピースハウスホスピス教育研究所 業績年報1996
6.ライフプランニングセンター 研究業績年報1996
7.医療セミナー・講習会案内
8.生活医学シリーズ「床ずれの正しい予防」
9.生活医学シリーズ「胆のうの病気と変わってきた治療法」
10.生活医学シリーズ「生活習慣病はあなたがつくるもの」
11.生活医学シリーズ「お年寄りに多い骨折と新しい治療」
12.医療と福祉の一体化 こころの届くしなやかな社会を
13.いのちの終わりとケアのパフォーマンス
14.ボランティアのこころ
15.最新 糖尿病のマネージメント
16.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
17.放送による盲人向け情報の提供報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から