日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

酸素吸入の理解と適用 在宅酸素療法のよりよい実践のために

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


 

022-1.gif

図14. 鼻カテーテルと鼻カニューラとO2流量とF102濃度%

 

粘膜の乾燥が起こり、また、気道の抵抗感のため苦しみを感じる患者もあることは前述のとおりです。
鼻カニューレは8時間ごとにはずして掃除し、口と鼻のケアをよくする必要があります。カテーテルも同様に8時間ごとに交換し、鼻孔を交互に使用するようにします。
?その他の吸入法
a. 一般に用いられる鼻カニューラでは、呼気時には酸素は吸入されずに流れているので無駄になります。そこで呼気時には、弁式のものが閉じて、両側の小さな袋状のところに流入してきた酸素を一時とどめるようになっていて、呼気時には弁が開いて流れてくるといった、酸素の経済的使用を考えた器具もあります。
b. 美容上のことを工夫したものとしては、眼鏡に力ニューラを付属させであるもの、また、経気管酸素吸入(TTO)といって、咽頭下穿刺孔に、細いビニール管を挿入しておき、それに酸素の導管を接続しておくもので、頸部をスカーフなりカラーで隠しておくと目立たないというものです。これからはさらにこのような患者のニーズに応じた方法が

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
28位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
298,001

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.生活医学シリーズ「救急車お願いします!!」
2.第22回 医療と教育に関する国際セミナー「変わっていく医療システムの中でいのちの質をどう高く保つか」
3.Hospice/Palliative Care in Asian Pacific Countries
4.第2回 アジア太平洋地域ホスピス連絡協議会および第2回国際ホスピスフォーラム報告
5.ピースハウスホスピス教育研究所 業績年報1996
6.ライフプランニングセンター 研究業績年報1996
7.医療セミナー・講習会案内
8.生活医学シリーズ「床ずれの正しい予防」
9.生活医学シリーズ「胆のうの病気と変わってきた治療法」
10.生活医学シリーズ「生活習慣病はあなたがつくるもの」
11.生活医学シリーズ「お年寄りに多い骨折と新しい治療」
12.医療と福祉の一体化 こころの届くしなやかな社会を
13.いのちの終わりとケアのパフォーマンス
14.ボランティアのこころ
15.最新 糖尿病のマネージメント
16.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
17.放送による盲人向け情報の提供報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から