日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

酸素吸入の理解と適用 在宅酸素療法のよりよい実践のために

 事業名 保健医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


 

I.酸素吸入の原理

 

1.空気から組織へのO2の輸送

酸素吸入の意味を理解するために、まず普通に空気を呼吸しているときの肺から組織までの酸素のとり入れの図をご覧ください(図1)。これはあくまで模型図ですが、Aが気道で、Bが肺胞と考えてください。肺胞のところには毛細管(C)が通っていると考えてください。さて、左側の目盛りは酸素の分圧(ある気圧のもとでの酸素の占める圧力、PO2と書く)です。気道に吸い込まれた空気中酸素の分圧が150mmHg(国際単位ではTorrということになっている)ということは、どういうことかということを、まずお話ししようと思います。
大気圧を(1気圧とすると)760?Hgだとすると、気道(鼻腔から咽・喉頭、気管まで)を入るにしたがって水蒸気に満たされるのでその圧(水蒸気分圧)を引きます。すなわち(760−47)mmHgとなり、これの20.9%(空気中の酸素の割合)と計算しますと大体150mmHgになります。150mmHgの吸入気がさらに肺胞に入ってくるまでに、肺胞に出された炭酸ガス分圧と混ざったり、肺胞に近い低い酸素分圧と混ざったりして、肺胞では大体それが100mmHg(PAO2=100mg)に落ちるわけです。100mmHgに落ちてはいますが、毛細管との拡散が完壁にいきシャントがないとすれば酸素分圧は100mmHgのままで動脈血はPAO2=100mmHgで構

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
28位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
298,001

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.生活医学シリーズ「救急車お願いします!!」
2.第22回 医療と教育に関する国際セミナー「変わっていく医療システムの中でいのちの質をどう高く保つか」
3.Hospice/Palliative Care in Asian Pacific Countries
4.第2回 アジア太平洋地域ホスピス連絡協議会および第2回国際ホスピスフォーラム報告
5.ピースハウスホスピス教育研究所 業績年報1996
6.ライフプランニングセンター 研究業績年報1996
7.医療セミナー・講習会案内
8.生活医学シリーズ「床ずれの正しい予防」
9.生活医学シリーズ「胆のうの病気と変わってきた治療法」
10.生活医学シリーズ「生活習慣病はあなたがつくるもの」
11.生活医学シリーズ「お年寄りに多い骨折と新しい治療」
12.医療と福祉の一体化 こころの届くしなやかな社会を
13.いのちの終わりとケアのパフォーマンス
14.ボランティアのこころ
15.最新 糖尿病のマネージメント
16.「保健医療に関する教育及び調査研究」の報告書
17.放送による盲人向け情報の提供報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から