日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

九州・山口の港湾における物流機能の充実に関する調査研究報告書

 事業名 九州圏における海運の振興と近代化に関する研究
 団体名 九州運輸振興センター  


 ■テーマ別まとめ
 

(1)高雄港の位置づけ  

 高雄港の最終的な目的は、トランシップ貨物(1995年全取扱貨物量の約4割がトランシップ貨物である)を増加させ、その機能を単なる積み替えから再輸出を行う加工区に高めていくことである。台湾にはアジア太平洋オペレーションセンターとして6つの構想があり、うちひとつが国際トランシッフ貨物を取り扱う海運センターであるが、高雄港のコンテナターミナルはその最有力候補となっている。
 ハブ港湾としての現状の背後圏は、フィリピン、インドネシア、タイなどの東南アジアである。香港からのトランシップ貨物もあるが、これは中国南部の貨物が中心である(香港で本船に積み卸ししないのは、各船社の航路体系上の要因と考えられる)。
 最大のライバル港は、香港、シンガポール、ついで大陸諸港である。大陸では上海が最有力で、深珂11、蛇口などとも競合する。
 昨年の神戸港の被災については、釜山港、横浜港、東京港などにはその影響が大きかったが、高雄港にはほとんど影響がなかったことから、中国北部と南部で中継港湾の棲み分けができているようである。
 高雄港のセールスポイントは、天然の良港と充実した港湾施設、アジア各地との中継輸送に適したロケーションであるが、さらなる競争力強化のためには、サービスの向上が第一であると考えられている。

(2)運営形態(官民の役割分担)  

 高雄港では、計画のみを公共(政府)側が作成し、事業実施は民間が行うというBOT(Bui1dOperateTransfer)の考え方を基本とした民営化を進めている。民営化の狙いは、競争促進による能率の向上であるが、公共バースと専用バースの間で荷役作業員の報酬に差があるとの批判も出ている(専用バースの荷役作業員は高雄港務局から派遣されるが報酬等の契約は船社との間で交わされる)。
 また、整備中の第5コンテナターミナルでは、岸壁のみを公共で整備し、ヤード(埋立、舗装)と荷役機械の整備は船社に担当させる予定である。船社は岸壁使用料などを免除される代わりに、10〜15年後に所有権を港務局に譲渡するという契約が結ばれる。

(3)港湾別ーマ  

<港湾荷役の民営化>
 高雄港務局が派遣した荷役作業員によって行われていた専用バースでの港湾荷役等は、民間業者と船社間の契約となるシステムに変更される予定である。今後2年間で港湾荷役のシステムは大きく変えられることになる。なお、台湾では荷役作業員の団体交渉は日本よりも少ない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,638位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
6,001

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.輸送ニーズの変化に伴う九州の内航海運のあり方並びに活性化策に関する調査研究報告書
2.熊本県下の主要港湾における海上輸送の整備に関する調査研究?中間報告?
3.「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
4.海運振興関連施設
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から