日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・工事編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

第14章 試験検査

14.1 一般

 電装工事の途中及び工事の完了後においては、船主、管海官庁、船級の関係者立会のもとに、礒装工事の状況及び電気機器の性能について、指定の仕様(各種法規、規則、規格などを含む。)に適合していることを確認するため、下記の検査及び試験を行う。一般的に注意すべき点を次に示す。

(1)検査、試験の立会に先立ち、必ず事前にその手順及び使用計測器(校正の有無、校正間隔は1年)を確認しておく。
必要あれば、予備データを取得しておき、立会時にこのデータを提示する。

(2)立会時には、リーダ及び記録者を決めておく。

(3)指摘事項については、記録しておく。

(4)立会終了時に、各種の記録データ(指摘事項、計測データなど)を提示し、確認をしておく。

(5)必要により、設計関係者も立会わせる。

14.2 艤装検査

 艤装検査は、電気騰装工事全般につき、工事の途中及び完了後、電気機器の配置及び表示、機器の取付状況、ケーブルの布設状況、結線状況、線端処理状況など、工事上の諸点を、関係者立会いの上行う。

14.2.1 検査の時期

 艤装検査を受ける時期は、概略次のとおりである。

(1)位置出しの終ったとき

(2)主要電気機器ごとに、その取付けが終ったとき

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
105,343

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・設計編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から