日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・工事編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

第7章 接地工事

7.1 接地の目的

 電気機器やケーブルの接地は、充電部の絶縁破壊や誘導漏えいなどによる外部金属部の電位上昇が、人体に危険を及ぼしたり火災の原因となったりするのを防止するためのものである。我が国を含め各国の規則でも、一般的に安全電圧以上の電圧の機器の金属外被及びケーブルの金属外被を接地することを規定している。

 なお、安全電圧は、各国の規則により多少異なるが、94年IEC92−101では次のように定められている。

(a) 直流……導体間又は導体とアース間50V以下

(b) 交流……導体間又は導体とアース間50V(実効値)以下

接地の目的には上記のほか誘導障害防止などがあるが、10.3.1に記述、検討されているのでここでは触れない。

7.2 接地に対する規則

7.2.1 機器の接地

-1. 船舶設備規程及びNK鋼船規則においては、電気機器の取扱者を保護するため、二重絶縁構造と認められたもの以外の電気機器については、その露出金属部の接地を要求している。また、故障時に帯電のおそれのある露出金属部の接地も求められている。ただし、導体間電圧が安全電圧以下の場合は、接地は要求されていない。

-2. 移動用の電気機器については、金属製枠をケーブル又はコード内の導体によりプラグ及びレセプタクルを通じて接地しなければならない、とされている。この場合のレセプタクル及びプラグは、接地極を持つものであり、挿入時に両接地極は充電極接触する前にプラグの接地極に接触する構造でなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
105,343

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・設計編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から