日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・工事編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

3.4 電線管の布設

3.4.1 一 般

 機械的損傷を受ける恐れのある場所にケーブルを布設するときには、適当な鋼板石、鋼管などでケーブルを保護しなければならない。電線管は、甲板上、床下などにおいて機械的損傷からケーブルを保護するために使用されるが、また、一方では一般電路金物によるケーブルの布設が困難な場所において、一般電路金物の代用としても使用される。

3.4.2 電線管布設上の注意


 電線管の布設工事に際して、次のことに注意する。

(1) 水平に配置する電線管には、適当な箇所に排水穴を設ける。ただし、居住区などの乾燥した区画に布設する電線割こは必要ない。

(2) 電線管は、接合部を機械的及び電気的に連続させ、かつ、有効に接地しなければならない。

(3) 電線管及びダクトの内側曲げ半径は、ケーブル曲げ半径より大きくする。

(4) 本質安全回路用ケーブルは、単独で電線管に入れる。

(5) 電線管の端は、ケーブル被覆を損傷しないようにするか、あるいはこれにブッシングを取付けなければならない。

(6) 電線管が長くて伸縮部を設けないと破損の恐れのある場合は、適当な伸縮接手を設けなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
105,343

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・設計編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から