日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第8章 航法装置及び無線装置

 

8.1 概説

船は、なんの目標もない大洋を目的地に向かって、安全に、かつ最も経済的に、そしてほぼ所定の時間で航行しなければならない。

このためには、自船がいま「どこにいて」「どの方向に」「何ノットの速力で」航走しているかを知ることが必要となる。

近年各種の機器装置の研究開発は、めざましく、船舶の航法に役立つ計器類を多く生み出しており、当然のことながらその大部分は「電気」を利用するものである。

船の位置の測定にはさらに電波を利用した計測装置、電波航法機器及び無線装置が多く開発され、実用化されている。

これらの多くは軌道上にある人工衛星及び陸上にある送受信局との組合わせで使用されるものである。

 

8.2 水晶時計

水晶時計は、高周波数の水晶発振器から分周器によって60Hzの安定周波数電源を得て、これによって駆動される電気時計を親時計としている。このため日差にして±0.2秒以内の精度に保つことができる。

そして子時計を駆動し、ロガーや電子計算装置、GMDSS設備などの入力として利用されている。

水晶発振器の電源は、船内交流電源で、無停電を考慮し、自動切換えで船内直流電源(蓄電池)から給電を行う。

 

8.3 磁気コンパス

地磁気を利用して、方位の基準を得て、船の針路と物標の方位を測定するものである。

磁気コンパスは、磁石を利用しているから、コンパスカードの南北は、その場所の地球磁界の方向を示している。しかし、船体や周

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
293,997

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から