日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

7.6 自動制御装置の監視・警報装置

船舶の自動化、特に推進機関の自動制御についてはNKのMO規則が制定され、監視装置や警報装置が多数の船舶に設置されている。中小型船舶では、記録器のない監視装置の採用が多い、また、最近は、ボイスアラームの採用が増加しつつある。

 

7.6.1 監視装置(アナンシエータ)

監視装置を、監視方式と構成要素により、よく使われている種類に分類すると次表のようになる。

300-1.gif

連続監視方式は、監視対象を常時監視し、監視対象が所定の動作限界を超えたとき直ちに警報を発する。各監視対象ごとに検出器と設定器の比較回路が設けられる。走査監視方式は一定速度で各監視対象を順次選択し、検出信号と設定値を照合し、検出信号が所定の動作限界を超えたときに警報を発する。

多くの監視対象に対して、1個の比較器で共用される。また、動作上から分類すると、検出器からの信号の種類と上限監視、下限監視、アナログ設定、ディジタル設定法などにより、その異常判別方法は異なるが、一般に入力信号と設定値との差が上限監視値より大きいか、あるいは、下限監視値より小さい場合に、異常状態としてアナンシエータによって警報を発する。

時分割多重伝送監視方式は、機側に設けられた検出器からの信号を時分割用のクロック信号によって高速にチャネルを切換えて、共通ケーブルで信号を伝送する。この方式は、船内に布設されるケー

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
294,793

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から