日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

7.5 機関部重要機器の安全システム

機関部の各機器又は装置の安全システム(安全措置)については、7.2.4−3で、その意味、制御システム、警報システムからの独立性、その機能、安全システムのオーバーライドなどについて述べている。また、7.2.5で発電装置の自動・遠隔制御において、それらの安全措置、安全システムの規則上の要件を記載している。

これらに記載の内容のほか、安全システムとして考慮しなければならない点は次のとおりである。

(1)安全システムは「フェイルセーフ」の原則に基づいて設計すること。

ここにおける「フェイルセーフ」の考え方は、安全システム自体及び関連する装置あるいは機器のみならず、機関プラント全体あるいは船全体の安全に対して評価する必要がある。

(2)機関(ブラント)の運転の中断をできる限り避けるため、警報システムが動作してから安全システムが順次動作するようセンサーなどの設定を行うこと。

(3)安全システムは、制御システム、警報システムから独立なものとせねばならないが、各機器あるいは装置の安全システムの間も互いに独立なものとすること。

(4)安全システムが動作した場合、動作の原因を追跡できる手段を設けること。原因表示灯、第一原因表示装置などを装備し対応することが望ましい。

具体的な安全システムの内容は、機器又は装置の保護の見地より、規則要件に加えて、かなり多くの内容を含んでいる。ここでは、参考として、ディーゼル主機と発電装置の安全システムの具体例を表7.10及び表7.11に示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
22位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
332,636

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から