日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第7章 電波伝搬

7・1 総論

 全く他の障害物のない自由空間に空中線を置いて電波を送信すると、電波はその空中線の指向性に基づいた強さで四方八方へ伝搬をしてゆき、その強さは距離の自乗に逆比例して減衰する。これは、図7・1でわかる様に、電波のエネルギーが空中線からの距離を半径とする球の表面積に拡散し、その球の表面積に逆比例した強さになるからである。しかし、地球上で電波を使用するときには、このような完全な自由空間は考えられない。まず、地球という地面や水面がある。地面には山岳などの凹凸や人造の建造物などがあり、海面もその気象条件に応じた波浪による凹凸が生じている。さらに、海面と地面とではその電気抵抗(導電率)が異なっており、地面でもその土地の構成などによって、導電率は必ずしも一定ではない。周波数が同じであれば、導電率は表に示すように地上より海上の方がよいので、電波の伝搬損失は海上が小さい。

161-1.gif

地球の上には空気(大気)があるが、この大気は上にいくほど薄くなって、ついには真空状態になる。この空気が比較的濃く存在し、いろいろな気象現象を生ずる地表から10数kmまでの部分を対流圏と呼ぶが、このような大気も一部の電波の伝搬に影響を与える。そして、その影響は、大気の気圧(密度)、温度及び水蒸気の含有の度合(湿度)によって顕著に変る場合もある。

 対流圏を上に昇っていくと大気はさらに薄くなり、もはや電波の伝搬にはほとんど影響を与えなくなるが、なおその高度をあげていくと、今度は一層薄くなった大気が太陽からの放射によって電離し、電子とイオンに分かれている電離層という層をつくっている。電離層は地上数10kmから数100kmのかなり厚い層てあっ

 

 

  前ページ  目次へ  次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
461位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
22,290

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から