日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

へき地住民の健康増進に関する研究等

 事業名 へき地住民の健康増進に関する研究等
 団体名 地域社会振興財団 注目度注目度5


 

はじめに
へき地における医療確保の問題は、我が国にとって長年の問題である。近年、1都道府県圏1医科大学構想が実現されたことにより、医師数の量的増加はおきている。例えば、人口100,000人当りの医師数は1970年には113であったが、1992年には175になっている。しかしながらその多くは大都市周辺地域にとどまり、山間、離島、農村部などのへき地における医師確保の問題はいまだ解決しているとはいえない。このような状況の中、1972年に設立された自治医科大学は、医療に恵まれない地域に勤務する医師を養成する目的で作られた独特の医科大学である。
一方、いわゆるへき地といわれる地域では、医療サービスの多くを公立診療所が担っている。市町村は、国保連合会や都道府県を通じて医師確保に努力しているが、へき地に医師を招聘することに多くの努力がさかれており、医師が長期間にわたって勤務できる環境作りはあまり注目されていなかった。(このことにより、わずかな期間しか勤務せずに出て行くケースも多かった。)
本研究は、へき地の公立診療所に勤務する自治医科大学卒業医師を対象に、アンケート調査形式にて診療所および医師住宅の評価を行ったものである。研究開始時の設問は以下のとおりである。

 

1 勤務環境として診療所を評価するときに重視されるものは何か。
2 重視される診療所評価項目と実際の満足度との関係。
3 居住環境として診療所住宅を評価するときに重視されるものは何か。
4 重視される診療所住宅評価項目と実際の満足度との関係。

 

また、本研究ではあわせて勤務医師や家族の年齢などのプロファイルについても調査を行い、評価項目とあわせて分析を行った。

 

研究デザインと方法
研究デザインは郵送聞き取り調査による横断的研究である。自治医科大

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,270位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
7,339

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「へき地住民の健康増進に関する研究等」の報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から