日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

へき地住民の健康増進に関する研究等

 事業名 へき地住民の健康増進に関する研究等
 団体名 地域社会振興財団 注目度注目度5


 

はじめに:
接触系凝固因子の1つである活性型高分子キニノーゲン(HKa)が血漿中に存在する最も強力な細胞接着抑制因子、抗血栓因子であることを我々は見い出した(図1)(1)。我々は、当教室で研鐘を積んだ全国の地域医療に従事している自治医科大学卒業生と協力し、地域での健康診断スクリーニング等により、HKaを中心とする接触系凝固因子群の地域特異性や遺伝的負荷と血栓傾向の評価を行い、血栓症の予防に貢献することを最終目的と定めた。そのために、まず、HKa測定系を完成させることから、始めることにした。正確な定量性を具現化するため、モノクロナール抗体の作製より検討を開始した。さらにサンドイッチELISAによる10−100μg/mlの感度まで検量できる測定系を完成した。これらを記述する前に、接触系凝固因子を測定する意義及び我々が、発見した新しいHKaの機能について、順を追って記載する。
(1)HMWKの機能と構造について
ここでHMWKについて簡単に触れたい。prekallikrein、Kallikrein、HMWKは第?]?T?T因子、および第?]?T因子と共に接着系因子と呼ばれている。HKを除く、他の因子はserine proteaseであり、kallikreinは一本鎖HMWKに作用し、血圧降下作用、平滑筋収縮作用、発痛作用を持つ生理活性ペプチドであるkininを遊離させ、HKaに変化させる。kallikreinはさらに第?]?T?T因子に作用し、第?]?T?Ta(活性型)へと変換させる作用(positive feed back)の他、plasminogen、第?X?T?T因子、補体成分C3をも活性化する作用を有している。HKaは第?]?Taにより、L鎖が切断され、凝固因子活性のないHKiへと変換される。HKは(図2A)に示したように分子量14万の一本鎖polypeptideであり、HKaは110KDaと95KDaの2つの

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,271位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
7,355

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「へき地住民の健康増進に関する研究等」の報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から